バズる関西トレンド

バトル勃発、進化系さつまいもスイーツ 若者から中高年まで幅広い世代でブーム 1/3ページ

10月にオープンした「ハワイアンスイートポテトファクトリー」
10月にオープンした「ハワイアンスイートポテトファクトリー」
その他の写真を見る (1/2枚)

タピオカドリンクに次ぐ勢いでいま、全国に増殖中のさつまいもスイーツ専門店。関西でも、3、4年前からブームを牽引してきた人気専門店が今年、続々と新店舗をオープンしている。定番商品で勝負するだけでなく、新感覚の進化系さつまいも菓子が登場。SNSでの拡散が後押しとなり、若者から中高年まで幅広い世代でブームが広がっている。

さつまいも菓子といえば、まず浮かぶのが、揚げたさつまいもに蜂蜜を絡めた大学いも。その生産量で国内トップシェアを占める白ハト食品工業(大阪府守口市)は、さつまいもスイーツ専門店の先駆けだ。近年、スイーツによく使われる甘くてねっとりした鹿児島県種子島産の安納芋にいち早く注目し、ブームの仕掛け人となった。現在、さつまいもスイーツ専門店「らぽっぽ」を全国に21店舗展開。さつまいも事業だけで年間60億円の売り上げを誇る。

人気の秘密は、自社農園と協働農園で土づくりからこだわって栽培したさつまいもを貯蔵、甘熟させ、商品にあわせて加工を工夫していること。とくに、大学いもは独自の製法で飴落ちしにくく、食感と甘さを長持ちさせる点が評価され、大手コンビニやスーパーマーケットなどにも卸している。大学いもがさつまいも事業の半分以上の売り上げを占める。今月15日から関西の3店舗で発売した「おいも蜜けんぴ」は、いもから作った蜜を絡めたオリジナル開発商品。しょうが、ほうじ茶など20種類のフレーバーを選ぶ楽しみも。

zakスペシャル

ランキング

  1. 対中非難決議、五輪前に出せるのか? 茂木氏「今国会で成立できる」と言及も… 石平氏「日本の人権感覚が問われる」

  2. なぜポテトはSのままなのか 日本の港がコンテナ船にスルーされる現実も

  3. 【スポーツ随想】鉄人・玉鷲が金星も素直に喜べぬ大相撲の〝お寒い現状〟 朝乃山再浮上のころには横綱、大関不在⁉

  4. 感染過去最多も「緊急事態宣言」〝回避可能〟 医療関係者見解「治療薬に効果」「医療逼迫ないかも」 「第6波」で1都12県に「重点措置」

  5. 【サクラと星条旗】カルロス・ゴーン事件から3年…日本に〝幽閉〟された元側近 孫にも会えず、米国では「日本でビジネスするなら気をつけろ」、釈放求める声も 3月3日判決

  6. 【日本の解き方】不安な政府のオミクロン対策…「柔軟な対応」強調するが、先読まず場当たり対応目立つ 菅政権より仕事をしていない

  7. 消えぬハッキング疑惑、中国習政権に各国〝総スカン〟 北京五輪開幕前に欧米は個人用スマホ持ち込み手控え 識者「帰国後の使用継続は危険」

  8. 異例の発表、米原潜「ネバダ」のグアム寄港 中国・北朝鮮を牽制 米CNN報道

  9. 【経営者目線】ワタミ「天才のり弁」で2600億円市場をとりにいく!! 東京都の飲食店が今いちばん苦しい状況

  10. 自衛隊幹部の「画像流出騒動」で危ぶまれるセキュリティ問題