北京五輪“全面ボイコット論”浮上、日本はどうする? カナダで強硬な主張「選手が人質になる」 日本は政治家も外務省も方針あいまい1/3ページ

中国国旗の向こうに見える五輪のマーク(ロイター)
中国国旗の向こうに見える五輪のマーク(ロイター)

来年2月の北京冬季五輪・パラリンピック開幕まで2カ月余り。中国の人権弾圧を理由に米国や英国が「外交的ボイコット」を検討するなか、共産党幹部から性的暴行を受けたという女子テニス選手、彭帥(ほう・すい、35)の告発も影を落とす。国際オリンピック委員会(IOC)は火消しに躍起だが、カナダでは全面ボイコット論も出始めた。日本はどう向き合うべきか。

北京での冬季五輪は2015年に招致が決まったが、新疆ウイグル自治区や香港での人権弾圧、台湾の防空識別圏(ADIZ)への侵入など、ホスト国の中国による強権的姿勢が批判を集めた。

ジョー・バイデン米大統領やボリス・ジョンソン英首相は首脳や政府使節団を送らない「外交的ボイコット」を検討すると明かし、欧州連合(EU)欧州議会も人権状況次第で政府代表らの招待を断るよう加盟国に求める決議を採択した。

中国外務省の趙立堅報道官は今月22日の記者会見で「騒ぎ立てても、各国のスポーツ選手の利益を害するだけだ」と反発。23日にはロシアのウラジーミル・プーチン大統領が開会式に出席する方向で調整していると明らかにした。

zakスペシャル

ランキング

  1. 韓国の半導体“衰退危機” 素材・部品など日本頼みが致命的 経済成長率も日本下回る予測 生き残るには米中間「二股外交」か

  2. 坂本一生が驚きの「変身」ぶり 金髪に真っ黒日焼け肌…プロレスラーのような肉体に

  3. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】中森明菜、レコ大連覇へ周囲はピリピリ 「ノンフィクション・エクスタシー」は不振

  4. オミクロン株の厳しすぎる基準で〝全国民が濃厚接触者〟認定の危機 東京では2月に140万人も 専門家はやみくもな検査急増に警鐘

  5. 佐渡金山の世界遺産推薦見送り問題 高市氏が林外相を追及!「国家の名誉に関わる。年度内にすべきだ」「韓国への外交的配慮あるのか」

  6. バラエティー、ドラマ、グループで…芸能界深刻、オミクロン拡大 佐々木希、小島瑠璃子、小峠英二、ディーン・フジオカら次々と感染 検査機会も多く

  7. 永島優美アナ、遅咲きブレイク フジ女子アナは「堅実路線」にシフト

  8. 【日本の解き方】日銀の物価見通し上方修正で、早期利上げとはしゃぐ半可通 インフレ目標達成はまだ遠く…マクロ経済からかけ離れた議論

  9. 森保ジャパン〝綱渡りの天王山〟主力のケガにオミクロン株余波…ドタバタ続きの舞台裏 中国代表も深刻な状況

  10. 【有本香の以読制毒】尖閣もウイグルも出てこない…岸田首相の施政方針演説の“空疎”に驚く 自国の重大課題、北の拉致問題も他力本願に