日本の解き方

小粒ぞろいの立憲民主党代表選 争点は共産党との選挙協力とスキャンダル追及路線の是非だ 1/2ページ

日本記者クラブ主催の公開討論会で議論を交わす4候補(三尾郁恵撮影)
日本記者クラブ主催の公開討論会で議論を交わす4候補(三尾郁恵撮影)

立憲民主党の代表選が19日に告示され、30日に投開票される。党勢回復にはどのようなリーダーが必要とされるのか。

先の衆院選での議席減を受け、枝野幸男前代表が引責辞任したことによる代表選だ。そこで、逢坂誠二元首相補佐官(62)、小川淳也元総務政務官(50)、泉健太政調会長(47)、西村智奈美元厚生労働副大臣(54)の4氏が立候補した。

枝野氏は党の創始者だったのでそれなりに存在感があったが、今回の候補者は小粒感も否めない。現状では国民に圧倒的な人気があるわけではなく、閣僚経験もなくあまり知られていないので、選挙の顔という観点からは力不足かもしれない。

先般の衆院選は岸田文雄政権があまりにグダグダだったので、立憲民主党には勝機も十分にあった。それを逃したのは、共産党との選挙協力だった。衆院選に先立つ参院補選で、共産党との選挙協力が一定の成果を上げたようにみえた。しかし、全国レベルの衆院選では、一部の選挙区で成功したが、支持団体の連合が不快感を示すなど、デメリットがメリットを上回った。

今回の代表選でも大きな争点となるはずだが、4氏ともに共産党との今後の協力関係について明確なスタンスを示しているようにはみえない。それでいいのだろうか。

共産党は、トップを一般党員の直接選挙で選出する仕組みではなく、志位和夫委員長に責任問題は浮上しなかった。ということは、選挙協力路線は継続だろう。それに巻き込まれて立憲民主党側も今の関係を継続させる可能性もある。

zakスペシャル

ランキング

  1. 対中非難決議、五輪前に出せるのか? 茂木氏「今国会で成立できる」と言及も… 石平氏「日本の人権感覚が問われる」

  2. なぜポテトはSのままなのか 日本の港がコンテナ船にスルーされる現実も

  3. 【スポーツ随想】鉄人・玉鷲が金星も素直に喜べぬ大相撲の〝お寒い現状〟 朝乃山再浮上のころには横綱、大関不在⁉

  4. 感染過去最多も「緊急事態宣言」〝回避可能〟 医療関係者見解「治療薬に効果」「医療逼迫ないかも」 「第6波」で1都12県に「重点措置」

  5. 【サクラと星条旗】カルロス・ゴーン事件から3年…日本に〝幽閉〟された元側近 孫にも会えず、米国では「日本でビジネスするなら気をつけろ」、釈放求める声も 3月3日判決

  6. 【日本の解き方】不安な政府のオミクロン対策…「柔軟な対応」強調するが、先読まず場当たり対応目立つ 菅政権より仕事をしていない

  7. 消えぬハッキング疑惑、中国習政権に各国〝総スカン〟 北京五輪開幕前に欧米は個人用スマホ持ち込み手控え 識者「帰国後の使用継続は危険」

  8. 【経営者目線】ワタミ「天才のり弁」で2600億円市場をとりにいく!! 東京都の飲食店が今いちばん苦しい状況

  9. 【突破する日本】「台湾有事」でロシアは中国を支持する 有事の際には尖閣諸島も巻き込まれるため人ごとではない 日本の備えは不十分

  10. 異例の発表、米原潜「ネバダ」のグアム寄港 中国・北朝鮮を牽制 米CNN報道