藪から棒球

日本ハム・新庄監督、気になる参謀役の少なさ シーズンで100敗しても「辞めた!」は絶対ダメ1/2ページ

就任後初めて2軍施設を視察した新庄監督=20日、千葉県鎌ケ谷市
就任後初めて2軍施設を視察した新庄監督=20日、千葉県鎌ケ谷市

日本ハムの「BIGBOSS」こと新庄剛志新監督(49)。今や球界の話題を独占しているといっても過言ではありません。

私は阪神で7年間、同僚でした。3歳下の新庄は当時から身体能力の高さはピカイチ。陰で努力していたことが徐々に世間にも知られていますが、思い返しても確かにウエート場で見かけたことはごくわずか。知らない間に必死で努力していたのだと思います。

2006年限りで現役引退後、10年以上のブランクを経て今回たどり着いたのは監督業。就任会見で本人は「即決した」と話していましたが、決して安請け合いできない仕事なのです。

監督は一歩下がって戦況を見守り、選手やコーチに指示を飛ばしながらチームを勝利に導きます。ところがBIGBOSSの場合、競馬に例えると手綱を引く騎手ではなく「馬」そのもの。監督自身が前へ出て、選手が後からついていくタイプは日本球界初ではないでしょうか。

同じ指導経験ゼロで就任した栗山前監督は、梨田元監督時代のコーチが数名残り、サポートを受けながら少しずつ采配を覚えました。BIGBOSSは1年契約で時間がない。先んじて進言できる各部門の参謀役の能力が、新庄ファイターズの命運に直結します。

zakスペシャル

ランキング

  1. 深刻ワクチン不足に無策 3回目は後手後手、全人口で1・5%の接種率 「ファイザー社は足元を見ているのか、第6波後に届くようなら意味がない」識者

  2. 憔悴する松田聖子の悲痛な胸の内「沙也加の恋人のことはもう終わらせて」

  3. 韓国の圧力に屈するのか!佐渡金山、世界遺産推薦見送り 「韓国側の主張に事実と異なる点」高鳥議員、「日本政府の反論がないのも問題」加藤康子氏

  4. 神田沙也加さんと交際俳優の元恋人 誹謗中傷で憔悴、仕事もいくつか失う

  5. 「自分を見つめ直したい」氷川きよし、活動無期限休止でどう変わる? フェミニンにイメチェン…さらに追求か

  6. 渋野日向子、米ゴルフツアー出場は3戦目「ドライブオン選手権」か?

  7. 【芸能ニュース舞台裏】三谷幸喜氏のTV総合司会に不安の声 「新・情報7days」でビートたけしの後任も「耐えられるのか」

  8. 小池栄子にじみでる女優の矜持、大河「鎌倉殿」で〝裏主演〟 ガッキーとのアップ合戦でも凛とした美しさ放つ

  9. 【芸能ニュース舞台裏】視聴率も演技力も期待値以上、日本エンタメ界に奮起促す菅田将暉の「月9ドラマ」 韓流に一矢報いるか

  10. 【トラとら虎】崖っぷち大山悠輔内野手の決意「どこでも守る!!」 背景に昨年の不振、横たわる4番失格