マエストロ・のらねこ 狙い撃ち!注目株

多摩川4日目 本格的に広がる佐藤の“翼”1/1ページ

佐藤翼
佐藤翼

多摩川はSG戦の開催こそ多くはないが、私にとって新人記者時代からなじんだ地元のレース場だ。ここで自信を得たり、くじかれたり。仕事でも舟券でも…。さまざまな記憶が残る場所である。

佐藤=写真=はデビュー直後から戸田を中心として速攻力を武器に頭角を現していたが、12年目を迎えた今年になって本格的に〝翼〟を広げた印象だ。

5月の若松オールスターでSG2度目の優出にして準優勝。10月には児島開設記念でGⅠ初優勝を果たしている。

年末の大舞台をほぼ射程内に入れて初出場の今大会、初戦の初日2Rは大外から鮮やかに差しを決め、10万円台の高配当を献上し度肝を抜いた。

4日目12Rはカドの篠崎仁が仕掛けるのは必至で、差し場が開く。一気に突き抜けて、準優からその先へ翔け上がる。(マエストロ・のらねこ)

zakスペシャル

ランキング

  1. なぜポテトはSのままなのか 日本の港がコンテナ船にスルーされる現実も

  2. 感染過去最多も「緊急事態宣言」〝回避可能〟 医療関係者見解「治療薬に効果」「医療逼迫ないかも」 「第6波」で1都12県に「重点措置」

  3. 【スポーツ随想】鉄人・玉鷲が金星も素直に喜べぬ大相撲の〝お寒い現状〟 朝乃山再浮上のころには横綱、大関不在⁉

  4. 【サクラと星条旗】カルロス・ゴーン事件から3年…日本に〝幽閉〟された元側近 孫にも会えず、米国では「日本でビジネスするなら気をつけろ」、釈放求める声も 3月3日判決

  5. 【突破する日本】「台湾有事」でロシアは中国を支持する 有事の際には尖閣諸島も巻き込まれるため人ごとではない 日本の備えは不十分

  6. 【日本の解き方】不安な政府のオミクロン対策…「柔軟な対応」強調するが、先読まず場当たり対応目立つ 菅政権より仕事をしていない

  7. 【経営者目線】ワタミ「天才のり弁」で2600億円市場をとりにいく!! 東京都の飲食店が今いちばん苦しい状況

  8. 消えぬハッキング疑惑、中国習政権に各国〝総スカン〟 北京五輪開幕前に欧米は個人用スマホ持ち込み手控え 識者「帰国後の使用継続は危険」

  9. 生まれ変わった阿炎、夜10時就寝で優勝争い 「キャバ通い」で処分も改心…すっかり優等生に

  10. オミクロン株、日本はいつピークアウトする? 11都県に「蔓延防止等重点措置」検討 英・南アは感染者数が1カ月で急減