「師匠がいなくなっても…」没後10年、立川談志を「語る」弟子たち 立川キウイ『談志のはなし』1/2ページ

立川談志さん=平成9年9月
立川談志さん=平成9年9月

21日の日曜日に放送されたドキュメント『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)。タイトルは「切なくていじらしくてメチャクチャなパパ~家族が映した最期の立川談志~」。その日は落語家、立川談志の命日で今年は没後10年にあたる。

番組では63歳から亡くなるまで家族や本人が自撮りした動画(テープ750本、約1000時間)をもとに芸人の晩年を如実に伝えていた。

「老い、病と格闘する談志の姿を格好つけることなく映し出していました。客前にすべてをさらけ出すのが芸人としてもここまではできない。直視するのがつらいほどすさまじかった」という演芸評論家は「あらためて談志のすごみが分かった。いい番組でした」。しみじみと付け加える。

立川志の輔(67)が弟弟子の立川キウイ(54)に伝えた言葉が「キウイ、弟子の恩返しはな、師匠がいなくなっても、その名を忘れさせないことだ。そして後につなげていくことだ」。

弟子に、同業者に語り継がれ、没後10年たっても生身の談志を感じられるまれな存在。このタイミングで「立川談志 蔵出し名席集 にっかん飛切落語会CD―BOX」(ポニーキャニオン)、著書「談志の日記 1953年 17歳の青春」(dZERO刊)、弟子の立川談慶(56)による著書「天才論 立川談志の凄み」(PHP新書)など関連グッズがにぎわいを見せる。

zakスペシャル

ランキング

  1. 渋野日向子、米ゴルフツアー出場は3戦目「ドライブオン選手権」か?

  2. 「南海トラフ」の前兆か 未明の大分、宮崎を襲った震度5強 列島周辺で頻発する強い揺れ「すでに始まっているといってよい」識者

  3. 小池栄子にじみでる女優の矜持、大河「鎌倉殿」で〝裏主演〟 ガッキーとのアップ合戦でも凛とした美しさ放つ

  4. 【日本の解き方】国会で見送られる重要法案 参院選まで「紛糾しそうなものを回避」慎重すぎる姿勢

  5. 迷走するオミクロン対応 「若者の検査・診断スルー」で混乱に拍車 「国と尾身先生、分科会で整合性取って」小池都知事も不快感

  6. 【大前研一のニュース時評】切れ味の鈍さ感じる「22年世界の10大リスク」 4位は中国内政「恐怖のネット企業統制」…最大のリスクは?

  7. 文大統領の「竹島」ギフト、日本受け取り拒否 韓国政府に強く抗議 旧正月の慣例として相星孝一大使宛てに送付

  8. 【艶グラドル】志田音々、盛りだくさんトレカぜひ集めてネ! セクシーポイントは「鎖骨にあるホクロ」

  9. 【菅原大地のサイコースイング】スイング作りの練習とショット練習は分けて考える

  10. 飲食店社長が激白、自治体要請の〝矛盾〟「休業要請の有無によって業績に大きな開き…本来あるべき姿ではない」 「地方への支援金」の拡充を