ノムさんに捧げる「日本一」 愛弟子大活躍の年をヤクルト・高津監督が締めた 記者会見では天国の師匠へ“感謝” 12月11日お別れ会で優勝報告1/2ページ

日本一決定後のインタビューで高津監督は、28年前に日本シリーズを制した際の野村元監督と一言一句、同じフレーズを披露した=27日、ほっともっとフィールド神戸
日本一決定後のインタビューで高津監督は、28年前に日本シリーズを制した際の野村元監督と一言一句、同じフレーズを披露した=27日、ほっともっとフィールド神戸

熱戦が続いた「SMBC日本シリーズ2021」は、ヤクルトが27日の第6戦で5時間の激闘の末にオリックスを延長12回2―1で下し、4勝2敗で20年ぶり6度目の日本一に輝いた。昨年2月に急逝した野村克也さんが、4球団で監督を歴任して遺した愛弟子たちが今年の野球界を席巻したが、〝本家〟を継ぐ高津臣吾監督(53)が往年の守護神らしく見事な締めくくり。野村チルドレンが神宮球場に集結する、来月のお別れの会に胸を張って参列する。 (塚沢健太郎)

深夜11時過ぎ、神戸の夜空に10度舞った高津監督の目に涙はなかった。「勝って泣かないと決めていた。1993年に泣き過ぎて、バカみたいだったから」。ヤクルトが常勝西武を破り、自身初の胴上げ投手となった28年前の西武球場。涙でぐしゃぐしゃになりながらも、抑えに抜擢してくれた当時の指揮官がインタビューで発した言葉は深く心に刻まれた。

自身も監督就任2年目で日本シリーズを制し、球場でのインタビューで「応援してくれたファンの皆さん、選手諸君、球団スタッフの皆さんに心から感謝、感謝、感謝です」と語ったが、実は93年に野村さんが初の日本一監督となった際に語った内容そのままだった。

胸の中で密かに温めてきた恩師のフレーズ。「感謝3つはそのままです。やはり野村監督にも感謝していますし。野村監督の言葉をちょっとあそこでお借りして、述べさせていただきました。勝ったら言おうと思っていました」と明かした。

zakスペシャル

ランキング

  1. 安倍氏・高市氏ら猛反発!佐渡金山の世界遺産推薦見送り 「日本には後ろめたいことがある」世界に間違った印象も 「岸田政権は韓国の術中にハマった」識者

  2. 盛られた苦労話…宮迫博之〝黒幕〟発覚でネット民ドン引き 焼き肉店の開店めぐり「ネタ」とは受けとめず「嘘」とみる反応も

  3. 【山崎武司のメッタ斬り 生涯ジャイアン】日本ハム・清宮の10キロ減量は大正解 22キロ減で本塁打王の経験者が断言「ケガは減り身体のキレは増す」

  4. 【ニュースの核心】危うい対中融和、岸田政権〝楕円の理論〟 首相と外相が一字一句違わず「共存」目指すような発言、消し去られた日米共同声明

  5. コロナ重点措置でマラソン大会中止ラッシュ 川内優輝選手が語る「政府への疑問」

  6. 【警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識】深発地震後のプレート上のつながり 700キロメートル地下で起きた〝世界一深い大地震〟が浅い地震を引き起こした?

  7. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  8. 【トップ近況】小型車が次世代の主流に 「2025年はEV時代への分水嶺」 日本電産・永守重信会長

  9. 【寅年女いい女2022】王林 郷土溢れる津軽なまりの〝非〟天然キャラ スタイルは一流モデル並み

  10. 若手国内組はシラケムード? 変わらぬ「海外&ベテラン」の偏重、森保ジャパン国内合宿3日目