「一刻も早い成立重要」高市氏、経済安保法の必要性強調 甘利氏失脚や林外相起用に危機感1/2ページ

経済安保法案の成立を目指す高市氏
経済安保法案の成立を目指す高市氏

自民党の高市早苗政調会長が「経済安全保障推進法案」の早期成立に強い意欲を示した。中国の覇権拡大が加速するなか、日本は同盟国・米国と協調しながら、戦略物資や先端技術の保全や育成を国家戦略として進め、国益を確保することが求められる。同法案を推進してきた甘利明衆院議員の幹事長辞任や、政界屈指の「親中派」である林芳正外相の起用の影響が注目される。

「しっかりと議論し、一刻も早く成立させるのが、今ほど重要なときはない」「米中双方が強烈なスピードで戦うなか、板挟みになるのは日本企業だ」

高市氏は28日、宮崎市内での講演でこう強調した。

政府は、経済安全保障推進法案について「技術基盤」と「サプライチェーン(供給網)」「基幹インフラ」「特許非公開」の4分野を柱とする概要を固めている。

先端技術の研究開発を資金支援し、半導体など戦略物資の供給網を拡充する制度を新たに構築。情報通信などインフラ産業では、重要設備が安全保障上の懸念がある国に依存していないか事前に審査する制度をつくる。

zakスペシャル

ランキング

  1. 渋野日向子、米ゴルフツアー出場は3戦目「ドライブオン選手権」か?

  2. 「南海トラフ」の前兆か 未明の大分、宮崎を襲った震度5強 列島周辺で頻発する強い揺れ「すでに始まっているといってよい」識者

  3. 小池栄子にじみでる女優の矜持、大河「鎌倉殿」で〝裏主演〟 ガッキーとのアップ合戦でも凛とした美しさ放つ

  4. 迷走するオミクロン対応 「若者の検査・診断スルー」で混乱に拍車 「国と尾身先生、分科会で整合性取って」小池都知事も不快感

  5. 【大前研一のニュース時評】切れ味の鈍さ感じる「22年世界の10大リスク」 4位は中国内政「恐怖のネット企業統制」…最大のリスクは?

  6. 【日本の解き方】国会で見送られる重要法案 参院選まで「紛糾しそうなものを回避」慎重すぎる姿勢

  7. 【艶グラドル】志田音々、盛りだくさんトレカぜひ集めてネ! セクシーポイントは「鎖骨にあるホクロ」

  8. 文大統領の「竹島」ギフト、日本受け取り拒否 韓国政府に強く抗議 旧正月の慣例として相星孝一大使宛てに送付

  9. 経済版「2プラス2」新設へ 日米オンライン首脳会談、バイデン政権の狙いは中間選挙見据え「支持率UP」と中国に非常に甘い「日本牽制」

  10. 本田真凜と交際、キッカケは宇野昌磨の“立候補” 2人の母親も同席し笑顔で拍手「週刊女性」報道