ドン逮捕で“田中王国”崩壊 日大の混迷、長期化か イエスマンぞろい「恐怖政治」の組織支配から「ウミが出たのでは」1/2ページ

理事長逮捕で激震の日大
理事長逮捕で激震の日大

5期13年にわたり日本大学理事長に君臨し、「日大のドン」と呼ばれた田中英寿容疑者(74)が、所得税約5300万円を脱税したとして、東京地検特捜部に所得税法違反の疑いで逮捕された。起訴されれば理事長の座を追われるのは確実だが、幹部はイエスマンぞろいとされ、〝田中王国〟崩壊後の大学運営は混迷が長期化するとの見方もある。

逮捕容疑は、医療法人前理事長、籔本雅巳被告(61)=背任罪で起訴=らから受領したリベート収入などを除外して確定申告書を提出。2018年と20年分の所得計約1億2000万円を隠し、計約5300万円の所得税を免れた疑い。田中容疑者は「現金を受け取っていない」と容疑を否認しているという。

田中容疑者は青森県出身で、日大相撲部時代に学生横綱となり、1年後輩で後に大相撲で横綱となる輪島より強かったという評もある。卒業後も大学職員としてアマ横綱に3度輝いたほか、相撲部監督として多くの力士を大相撲に送り込んだ。

1999年に理事、2002年に常務理事に。業者からのキックバック受領などの疑惑も取り沙汰されたが、08年に理事長に就任した。さらに総長ではなく理事長をトップとする制度に変更、反対意見を唱える理事らを左遷するなど権力を強固にし、大学の自浄作用は働かなくなった。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識】深発地震後のプレート上のつながり 700キロメートル地下で起きた〝世界一深い大地震〟が浅い地震を引き起こした?

  2. 安倍氏・高市氏ら猛反発!佐渡金山の世界遺産推薦見送り 「日本には後ろめたいことがある」世界に間違った印象も 「岸田政権は韓国の術中にハマった」識者

  3. 盛られた苦労話…宮迫博之〝黒幕〟発覚でネット民ドン引き 焼き肉店の開店めぐり「ネタ」とは受けとめず「嘘」とみる反応も

  4. 【山崎武司のメッタ斬り 生涯ジャイアン】日本ハム・清宮の10キロ減量は大正解 22キロ減で本塁打王の経験者が断言「ケガは減り身体のキレは増す」

  5. 【ニュースの核心】危うい対中融和、岸田政権〝楕円の理論〟 首相と外相が一字一句違わず「共存」目指すような発言、消し去られた日米共同声明

  6. コロナ重点措置でマラソン大会中止ラッシュ 川内優輝選手が語る「政府への疑問」

  7. 【トップ近況】小型車が次世代の主流に 「2025年はEV時代への分水嶺」 日本電産・永守重信会長

  8. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  9. 【寅年女いい女2022】王林 郷土溢れる津軽なまりの〝非〟天然キャラ スタイルは一流モデル並み

  10. 若手国内組はシラケムード? 変わらぬ「海外&ベテラン」の偏重、森保ジャパン国内合宿3日目