山口みのり みのりぽーと

穴党注目!今回こそワンツーを決めたい高橋由記選手に注目1/1ページ

高橋由記選手
高橋由記選手

山口みのりです。松戸競輪ナイターは先月から有観客で行われています。放送をしていてもお客さまがいるのはとてもうれしいですし、優勝した選手のインタビューでも「お客さまがいることがとても力になった」という言葉もありました。

今回は月曜日からの平日3日間ですが、お仕事帰りに間に合う方は松戸競輪場へ足をお運びください!

初日は軸となる選手が各予選レースで分かれ、人気での決着が多く見られそうです。11Rには特別昇班したばかりの田口勇介選手(秋田119期)も追加であっせんが入りました! どんな走りを見せてくれるのか楽しみです。

私が注目した選手は、5Rで、中島詩音選手(山梨119期)の番手でワンツーが期待される高橋由記選手(群馬88期)です!

中島選手との連携は今回で4度目。最初の連携は先頭と3番手での連携でワンツースリーが決まりましたが、後の2つは番手で7月はまくりに離れて5着、9月は後ろの選手に差されて3着とまだワンツーが決まっていません。今回こそワンツーを期待したいです。

高橋選手の戦歴を見ると優勝は1回。2017年12月の当地松戸でです! そのことは高橋選手ご自身も覚えていらっしゃるようで

以前にお話を伺ったときには「恵まれました。でもまた優勝できるように頑張りたいですね」と話していらっしゃいました!

そしてもう一つ、高橋選手が確定版に入るときには高配当も飛び出しているので、穴党の方も注目かもしれませんよ! (フリーアナウンサー)

■山口みのり(やまぐち・みのり)1986年9月28日生まれ。三重県出身。ナレーター、MC、キャスター、声優などをマルチにこなす。2012年から松戸競輪を中心に、「SPEEDチャンネル」でMCやリポーターなどを担当。また11年に「世界遺産検定1級」を取得、世界遺産アカデミー認定講師という一面もある。

zakスペシャル

ランキング

  1. 韓国の半導体“衰退危機” 素材・部品など日本頼みが致命的 経済成長率も日本下回る予測 生き残るには米中間「二股外交」か

  2. 息切れ、強い倦怠感、ブレイクフォグ「ワクチン後遺症」に苦しむ人たち

  3. 〝二刀流〟に挑む日テレ・桝アナ、40歳で大学研究員に転身の思い 「よりよい科学の伝え方についてもっと深く考えて…」 後輩・水卜アナもエール

  4. SNSを一斉削除、酒井法子に不穏な空気 「新事務所の立ち上げによる出直し」との報道も

  5. 日米、沖縄南方で異例の大規模共同訓練の狙いとは 中国や北朝鮮の軍事的覇権拡大の姿勢に警戒か 識者「演習が有事のテストになる」

  6. レコード人気じわり復活 生産10倍、デジタルと共存 「聴くための〝手間〟に魅力を感じる人が増えたのではないか」

  7. 池袋ホテル82歳男性刺殺事件 容疑者の女「路上で声掛けてホテルに行った」 「パパ活していた」との供述も

  8. 霜降り明星・せいやの物議を呼ぶ破局発言 3時のヒロイン福田との交際報道に事務所〝過剰反応〟でさらに波紋か

  9. 13場所ぶり3度目Vの御嶽海、母・マルガリータさんはツイッターでトレンド入り! 歓喜の場面が映し出されて…解説の北の富士勝昭氏「お母さんのファンです」

  10. 「重点措置」適用拡大、2年前から代わり映えしない対策…「日本は『ウィズコロナ』『ポストコロナ』のビジョンが希薄すぎる」 村中璃子氏が苦言