歳川隆雄 永田町・霞が関インサイド

岸田政権、経済安保政策が本格始動 「半導体ビジネス」に変革の波 総額8000億円共同プロジェクト1/2ページ

岸田首相(左)は経済安全保障推進会議の初会合で発言した。右は小林鷹之経済安保担当相=19日、官邸
岸田首相(左)は経済安全保障推進会議の初会合で発言した。右は小林鷹之経済安保担当相=19日、官邸

11月19日午前、首相官邸で経済安全保障推進会議(議長・岸田文雄首相)の初会合が開かれた。

岸田政権は来年1月召集の第208回通常国会に、「経済安全保障推進法案(仮称)」を提出する。同法案は、次の4項目を柱とするものとなる。

①重要物資の国内の製造基盤強化に向けた制度新設によるサプライチェーンの強靱(きょうじん)化支援②機微技術を巡る特許出願の非公開化の措置③重要な先端技術の研究開発について資金支援と、政府が開発に有用な情報を提供可能とする枠組み新設④インフラ機能の維持などに係わる安全性・信頼性を確保するため、基幹インフラ事業者による重要な設備導入を事前審査する制度新設―。

日本国内外の社会経済構造の変化、国際情勢の複雑化などから、経済と安全保障を一体のものとした対策が急務との認識から法制化を目指す。

法整備の実務を担うのは、この日、内閣官房に設置された「経済安全保障法制準備室」(室長=藤井敏彦内閣審議官・前国家安全保障局経済班長)であり、財務、外務、経済産業、防衛省など関係省庁の職員約50人で構成される。

③の具体例は、半導体受託生産で世界最大手「TSMC(台湾積体電路製造)」とソニーグループが22年、熊本県に新工場建設に着工し、24年に稼働を始める総額8000億円共同プロジェクトである。その半分である巨額補助金は、先に閣議決定された21年度補正予算案に計上されている。

zakスペシャル

ランキング

  1. 渋野日向子、米ゴルフツアー出場は3戦目「ドライブオン選手権」か?

  2. 「南海トラフ」の前兆か 未明の大分、宮崎を襲った震度5強 列島周辺で頻発する強い揺れ「すでに始まっているといってよい」識者

  3. 小池栄子にじみでる女優の矜持、大河「鎌倉殿」で〝裏主演〟 ガッキーとのアップ合戦でも凛とした美しさ放つ

  4. 【日本の解き方】国会で見送られる重要法案 参院選まで「紛糾しそうなものを回避」慎重すぎる姿勢

  5. 迷走するオミクロン対応 「若者の検査・診断スルー」で混乱に拍車 「国と尾身先生、分科会で整合性取って」小池都知事も不快感

  6. 【大前研一のニュース時評】切れ味の鈍さ感じる「22年世界の10大リスク」 4位は中国内政「恐怖のネット企業統制」…最大のリスクは?

  7. 文大統領の「竹島」ギフト、日本受け取り拒否 韓国政府に強く抗議 旧正月の慣例として相星孝一大使宛てに送付

  8. 【艶グラドル】志田音々、盛りだくさんトレカぜひ集めてネ! セクシーポイントは「鎖骨にあるホクロ」

  9. 飲食店社長が激白、自治体要請の〝矛盾〟「休業要請の有無によって業績に大きな開き…本来あるべき姿ではない」 「地方への支援金」の拡充を

  10. 【アイドルSEXY列伝】国分佐智子、落語界イチの美人妻は「別格の華」 林家三平は妻と子のためにも奮闘を