ここまで進んだ最新治療

7~8割が発症を防げる、インフル治療薬「予防投与」って何? 重症化リスク高い、高齢または基礎疾患持つ同居家族が対象1/2ページ

経口薬と吸入薬がある抗インフル薬
経口薬と吸入薬がある抗インフル薬
その他の写真を見る (1/2枚)

インフルエンザ(以下、インフル)予防の基本はワクチン接種になる。しかし、流行するインフルの型はシーズンによって異なるので、重症化は防げても完全に感染・発症を防ぐのは難しい。

そのため2004年からインフル治療薬である「タミフル」が予防でも使えるように効能追加された。昨年11月には「ゾフルーザ」も予防で使えるようになり、現在、国内では5剤(4成分)の抗インフル薬の「予防投与」が認められている。

予防投与は、どんな人が対象になるのか。内科・呼吸器内科・アレルギー科「弘邦医院」(東京都江戸川区)の林雅之院長が説明する。

「予防投与は、インフルを発症している患者さんと同居している家族などに対して行われます。そして原則として、高齢者や基礎疾患を持つなど、重症化のリスクが高い人が対象になっています。ただし、抗インフル薬を予防で使う場合、ワクチン接種と同じく公的保険は利かず、自由診療(全額自費)になります」

ワクチン接種は、ワンシーズン(約5カ月間)の免疫力を高く保ち続けるためのもの。一方、抗インフル薬は感染したウイルスの増殖を抑える薬。そのため予防投与の効果は、投与期間に限られる。インフル患者との接触から36時間以内に投与を開始すれば最も効果を発揮し、7~8割の人がインフルの発症を防げるとされている。

抗インフル薬を予防投与で使う場合は、「投与量」や「投与期間」が治療で使う場合とは異なる。どの薬も治療に使う量の半分を、倍の期間使用する。タミフル(内服薬)は7~10日飲む、リレンザ(吸入薬)は10日間吸う、イナビル(吸入薬)は2日間吸う、ゾフルーザ(内服薬)は1回飲む、といった使い方だ。

zakスペシャル

ランキング

  1. 「南海トラフ」の前兆か 未明の大分、宮崎を襲った震度5強 列島周辺で頻発する強い揺れ「すでに始まっているといってよい」識者

  2. 渋野日向子、米ゴルフツアー出場は3戦目「ドライブオン選手権」か?

  3. 小池栄子にじみでる女優の矜持、大河「鎌倉殿」で〝裏主演〟 ガッキーとのアップ合戦でも凛とした美しさ放つ

  4. 【日本の解き方】国会で見送られる重要法案 参院選まで「紛糾しそうなものを回避」慎重すぎる姿勢

  5. 迷走するオミクロン対応 「若者の検査・診断スルー」で混乱に拍車 「国と尾身先生、分科会で整合性取って」小池都知事も不快感

  6. 文大統領の「竹島」ギフト、日本受け取り拒否 韓国政府に強く抗議 旧正月の慣例として相星孝一大使宛てに送付

  7. 【大前研一のニュース時評】切れ味の鈍さ感じる「22年世界の10大リスク」 4位は中国内政「恐怖のネット企業統制」…最大のリスクは?

  8. 【艶グラドル】志田音々、盛りだくさんトレカぜひ集めてネ! セクシーポイントは「鎖骨にあるホクロ」

  9. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  10. 盛られた苦労話…宮迫博之〝黒幕〟発覚でネット民ドン引き 焼き肉店の開店めぐり「ネタ」とは受けとめず「嘘」とみる反応も