スクープ最前線

「岸田政権は親中ではないか」米に不信感 林氏の抜擢は「対中融和」と中国にメッセージか 親中一派が「高市潰し」画策も3/3ページ

■日米首脳会談米は冷たく対応した

日米情報当局の情報は、こう続いている。

「岸田首相は19日、バイデン大統領が北京冬季五輪の『外交的ボイコット』の検討を明言したことを受けて、『それぞれの国で立場や考えがある。日本は日本の立場で考える』と記者団に語った。この時点で、米国は『岸田政権は同盟国や友好国と歩調を合わせないつもりか』と怒りを抱えていた。この2日後、林氏が明かした訪中要請の話に、米国は『岸田政権はやはり信用できない』との思いを強めた。まさに、岸田ショックだ。自由主義諸国による毅然(きぜん)とした『対中強硬外交』からの離脱を印象付けた。これは日本外交の大失態だ」

北京冬季五輪への「外交的ボイコット」は、中国最高指導部の元メンバーによる性的暴行疑惑を告白した女子テニス選手の彭帥さんの安否問題を受けて、米国や英国、EU(欧州連合)、カナダ、オーストラリアなどの自由主義国が続々と声を挙げている。この問題は、ウイグルなどでの人権弾圧と同根といえる。

日米情報当局関係者の決定的な情報がある。

「岸田首相は、臨時国会前の訪米と、バイデン大統領と対面による日米首脳会談を希望してきた。しかし、米国は冷たく対応した。岸田官邸は『米国内の事情で調整困難なため』と説明しているが、違う。バイデン大統領をはじめ、ホワイトハウスが『岸田首相と急いで会っても意味がない』と判断したからだ」

私(加賀)は、いたずらに危機感を煽ることはしたくない。しかし、「台湾有事」「日本有事」は目の前に迫っている。日本は、このままでは危ない。

zakスペシャル

ランキング

  1. 「ポスト習」に3人浮上 中国SNSで〝退陣説〟の怪情報 米中摩擦やコロナ拡大の多事多難 共産党内の一強状態が崩壊か

  2. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  3. 「一生、上に行けない!」清宮のミスに新庄ビッグボスが激怒 誕生日にヒーローになるはずが…「重盗失敗」に指揮官ブチ切れ

  4. 「プーチン大統領は来年引退」英MI6元長官が発言「療養所に入所」の見通し 元情報部員も健康不安説に言及、クレムリン「不安定になっている」

  5. 「ゼレンスキーです」玉城沖縄知事が冗談 不真面目との批判に「不用意な発言」として同日中に陳謝

  6. ロシア艦また炎上、ウクライナ軍の反撃が加速か オデッサ沖で複数撃破 軍用機200機を撃墜で航空戦力も損傷

  7. 大騒動招いた田口容疑者の心変わり 4630万円誤送金、返金断固拒否に至った背景を心理学者が分析「銀行への移動時間が長すぎた」

  8. 綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される

  9. 昭和天皇の写真をバーナーで焼く…作品は「違法ではない」と地裁 「あいちトリエンナーレ」実行委による訴訟、名古屋市に負担金支払い命令

  10. 河瀬直美監督に今度は殴打パワハラ疑惑 撮影助手への腹蹴りに続き…優秀な男性職員の退職申し出に「怒りをぶつけたよう」 週刊文春報道