よみがえる日英同盟

義和団の乱で絶賛された日本軍人 日英同盟締結の大きな契機 高い自衛隊の練度、現代の英国も期待 1/2ページ

今から100年前の1921(大正10)年、日英同盟の廃止が決定し、23(同12)年に失効した。日本の近現代史を振り返るとき、これほど悔やまれる外交政策の失敗はない。

日英同盟―02(明治35)年に締結されたこの同盟は世界を驚かせた。なぜなら、いかなる国とも同盟関係を築かず、栄光ある孤立を続けてきた超大国・大英帝国が初めて選んだ同盟国は、非キリスト教国で非白人国家、東洋の島国・大日本帝国だったからである。

決断の背景には、中国大陸に権益を持つ英国の「アジアでのロシア帝国の南進阻止」と「中国での権益拡大を狙ったドイツ、フランスへの対抗」という思惑があった。英国はヨーロッパで、ドイツ・オーストリア=ハンガリー・イタリアの独墺伊三国同盟と、ロシア・フランスの露仏同盟に対抗しており、アジアでは南下するロシアの脅威に対峙(たいじ)する必要があったのだ。

そして、日英同盟締結の大きな契機は、清朝末期の動乱「義和団の乱」(1900=明治33=年)における日本軍人の勇猛な戦いぶりとモラルの高さに、英国が魅了されたことがある。

英国は当時、南アフリカのボーア戦争に兵力を投入しており、大陸近郊の日本に大軍派遣を要請した。日本は最終的に2万人の兵力を投入し、北京の公使館員や居留民を保護した。

中でも、柴五郎陸軍中佐の存在が大きかった。

公使館区域で、日本と英国、米国、ロシア、ドイツなどの8カ国が籠城した。総指揮は英国公使クロード・マクドナルドが執ったが、柴中佐は部隊を指揮して勇敢に戦い、その武勇と礼節が大絶賛された。彼が後に駐日英国公使・大使となり、日英同盟を推進したのだ。

zakスペシャル

ランキング

  1. 韓国の半導体“衰退危機” 素材・部品など日本頼みが致命的 経済成長率も日本下回る予測 生き残るには米中間「二股外交」か

  2. 息切れ、強い倦怠感、ブレイクフォグ「ワクチン後遺症」に苦しむ人たち

  3. SNSを一斉削除、酒井法子に不穏な空気 「新事務所の立ち上げによる出直し」との報道も

  4. 〝二刀流〟に挑む日テレ・桝アナ、40歳で大学研究員に転身の思い 「よりよい科学の伝え方についてもっと深く考えて…」 後輩・水卜アナもエール

  5. レコード人気じわり復活 生産10倍、デジタルと共存 「聴くための〝手間〟に魅力を感じる人が増えたのではないか」

  6. 日米、沖縄南方で異例の大規模共同訓練の狙いとは 中国や北朝鮮の軍事的覇権拡大の姿勢に警戒か 識者「演習が有事のテストになる」

  7. 池袋ホテル82歳男性刺殺事件 容疑者の女「路上で声掛けてホテルに行った」 「パパ活していた」との供述も

  8. 13場所ぶり3度目Vの御嶽海、母・マルガリータさんはツイッターでトレンド入り! 歓喜の場面が映し出されて…解説の北の富士勝昭氏「お母さんのファンです」

  9. 霜降り明星・せいやの物議を呼ぶ破局発言 3時のヒロイン福田との交際報道に事務所〝過剰反応〟でさらに波紋か

  10. 【トラとら虎】崖っぷち大山悠輔内野手の決意「どこでも守る!!」 背景に昨年の不振、横たわる4番失格