サクラと星条旗

MLBで12月恒例「ウインターミーティング」開催に暗雲 ロックアウトで中止の可能性…移籍目指す広島・鈴木誠也らどうする?1/3ページ

広島・鈴木誠也のメジャー移籍交渉は長期戦も予想される
広島・鈴木誠也のメジャー移籍交渉は長期戦も予想される
その他の写真を見る (1/2枚)

■トレードなど交渉の場

毎年12月になると、メジャーリーグ全30チームおよびその傘下の100以上のマイナーリーグチームの関係者が集まり、「ウインターミーティング」と呼ばれる4日間の会合が開催される。リーグ運営に関する話し合いのほか、オフシーズンのトレードや様々な契約交渉が行われる。

開催地は大抵、メインホテルが直結または隣接するコンベンションセンターとなる。米フロリダ州オーランドのディズニーワールド内にあるスワン・ホテル、サンディエゴ・コンベンションセンター、テネシー州ナッシュビルにある巨大なゲイロード・オープリーランド・リゾート&コンベンションセンター、ラスベガスのマンダレイベイ/デラノホテルなどだ。

参加者は3000人規模で、リーグの幹部、球団オーナー、ゼネラルマネジャー(GM)、球団スカウト、海外からの来場者、トレードショー出展者、ほかにもマイナーリーグで働き口を探す人々など。野球選手は普通参加しないが、フリーエージェント(FA)選手はチームに自分を売り込みに来ることがある。報道陣も数百人が参加する。

ウインターミーティングは1876年に始まり、以来長い歴史がある。国を挙げてのベースボール・フェスティバルと呼ばれ、この場でバリー・ボンズやアレックス・ロドリゲスなど数多くの大型契約が結ばれ、多数のトレードも行われてきた。

会期中の最多取引記録が生まれたのは2014年にサンディエゴで開催されたミーティングで、この時ロサンゼルス・ドジャーズは6時間という枠の中で4球団を相手に選手19人、FA1人の契約を締結した。

日本からも大勢の関係者が来場するのが常だが、選手を探しにやってきたNPB関係者は皆一様に「何が起こっているんだ」と困惑する。

かつて日本で活躍した外国人選手たちも旧友との再会を楽しみに顔を出す。マット・ウインターズとブーマー・ウェルズは、バーでパ・リーグ時代の思い出話を語り合う。チャーリー・マニエルは常連組。レオン・リー、代理人の団野村氏もそうだ。

zakスペシャル

ランキング

  1. 深刻ワクチン不足に無策 3回目は後手後手、全人口で1・5%の接種率 「ファイザー社は足元を見ているのか、第6波後に届くようなら意味がない」識者

  2. 憔悴する松田聖子の悲痛な胸の内「沙也加の恋人のことはもう終わらせて」

  3. 韓国の圧力に屈するのか!佐渡金山、世界遺産推薦見送り 「韓国側の主張に事実と異なる点」高鳥議員、「日本政府の反論がないのも問題」加藤康子氏

  4. 神田沙也加さんと交際俳優の元恋人 誹謗中傷で憔悴、仕事もいくつか失う

  5. 【芸能ニュース舞台裏】三谷幸喜氏のTV総合司会に不安の声 「新・情報7days」でビートたけしの後任も「耐えられるのか」

  6. 渋野日向子、米ゴルフツアー出場は3戦目「ドライブオン選手権」か?

  7. 「自分を見つめ直したい」氷川きよし、活動無期限休止でどう変わる? フェミニンにイメチェン…さらに追求か

  8. 小池栄子にじみでる女優の矜持、大河「鎌倉殿」で〝裏主演〟 ガッキーとのアップ合戦でも凛とした美しさ放つ

  9. 【芸能ニュース舞台裏】視聴率も演技力も期待値以上、日本エンタメ界に奮起促す菅田将暉の「月9ドラマ」 韓流に一矢報いるか

  10. 【トラとら虎】崖っぷち大山悠輔内野手の決意「どこでも守る!!」 背景に昨年の不振、横たわる4番失格