定年後 難民にならない生き方

昼スナック「ひきだし」の木下紫乃ママが助言 多少無理でも時間捻出、社会との接点を創出し楽しく過ごせることを探すべき1/2ページ

著書『昼スナックママが教える 45歳からの「やりたくないこと」をやめる勇気』も話題の木下紫乃さん
著書『昼スナックママが教える 45歳からの「やりたくないこと」をやめる勇気』も話題の木下紫乃さん
その他の写真を見る (1/2枚)

2021年4月に改正・施行された「高齢者雇用安定法」。今回の改正では70歳までの定年引き上げや定年制の廃止、70歳までの継続雇用が努力目標として掲げられた。一方、今夏には〝45歳定年制〟の提言も話題になった。従来のありようとは大きく様変わりしつつある「定年」をどうとらえ、どのように備えればいいのか。

昼スナック「ひきだし」のママとして、中高年のセカンドキャリア支援を手がける会社の代表として、悩める中高年の背中を押してきた紫乃ママこと、木下紫乃さんに聞いた。

「かつて企業が定年世代を対象に行う研修と言えば、年金や資産運用など〝お金〟の話が主軸でした。でもここ数年はセカンドキャリア研修に本腰を入れる企業が増えてきたのを実感しています。企業としても、漫然と定年を迎えるのではなく、準備期間を有効活用し、その上で主体的に選択してほしい。そんな期待の表れなのではないでしょうか」

参加者の「定年に対する危機感」は個人差も大きいという。

「戦々恐々とされている方もいれば、漠然とした不安を抱いている程度とおっしゃる方もいます。ただ、皆さんに共通するのは〝何かしたほうがいいのはわかっているけれど、何をどうしたらいいのかわからない〟という戸惑いです」

研修では互いに〝今の不安〟を語り合う時間を設けることが多いそうだ。というのも、定年世代、とくに男性はこれまでの人生の中で自分の気持ちを他人に語る経験が乏しい。上司と折り合いが悪くても、仕事内容に納得がいかなくても、「仕事だから」「家族を養わなくてはいけないから」が先に立つ。

zakスペシャル

ランキング

  1. “東証大暴落”100兆円吹っ飛ぶ 新興市場はリーマン・ショック超える惨状 冷淡「岸田ショック」に怨嗟の声、悲鳴に耳は傾けないのか

  2. 【有本香の以読制毒】岸田首相の「適切な蛮勇」に期待 弱腰の米国、さらに増長する中国・ロシア 「ウクライナ侵攻」を止められるのは日本だけか

  3. 現場は〝悲鳴〟ワクチン追加接種遅れ 対象者のわずか16%…国の初動や情報の遅れ 「岸田政権の失策、感染拡大する一方」八幡和郎氏

  4. 27年の歴史に幕、NHK「ガッテン!」で気になる小野文惠アナの去就 25年間の東京勤務に不満の声も…紅白に続く〝若返り〟策か

  5. 【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】岸田首相は慰安婦問題から何を学んだのか? 韓国の主張を完全論破すべし! 佐渡金山を堂々とユネスコに推薦せよ

  6. 共通テスト問題流出、19歳女子大生への処分と社会的影響 カンニング目的で家庭教師紹介サイトに登録

  7. 【これだけは押さえておきたい鎌倉殿の13人】源頼朝(大泉洋) 政子を魅了し、亀を妾に 〝ガッキーを泣かせる〟困った女癖

  8. 【日本の解き方】佐渡金山の世界遺産推薦問題 韓国に配慮していないのなら、論理的に見送りはあり得ない

  9. 賭博容疑で書類送検、英乃海らに大甘処分 相撲協会の“仰天理由” 1場所出場停止で紫雷は「けん責」 キャバ通いで6場所停止、朝乃山と違いは

  10. 殺人未遂で立てこもりの男逮捕、人質の医師は心肺停止 捜査員との電話交渉で「大丈夫だ。救出してほしい」と伝えるも 埼玉・ふじみ野