女子テニス協会、中国開催を中止 彭帥安否に「重大な疑念」1/1ページ

彭帥(AP)
彭帥(AP)

テニスの女子ツアーを統括する女子テニス協会(WTA)は1日、中国の張高麗元副首相に性的関係を強要されたと訴えた同国選手、彭帥(ほう・すい、35)の安否が懸念される問題で、香港を含む中国での全ての大会を取りやめると発表した。

スティーブ・サイモン最高経営責任者(CEO)は声明で、中国政府による検閲や脅迫の可能性を指摘し、同国開催に伴う出場選手らの「リスクを非常に懸念している」と訴えた。「彼女の自由や安全、そして検閲や強制、脅迫を受けていないかどうかに重大な疑念を抱いている」とも強調した。

欧州連合(EU)の外務省に当たる欧州対外活動庁の報道官は11月30日の声明で、「彭さんの安全と自由への懸念は解消されていない」と指摘。安全や健康状態、居場所について検証可能な証拠を中国政府に求めた。

国際的に安否を気遣う声が高まるなか、大甘なのが国際オリンピック委員会(IOC)の対応だ。IOCのディック・パウンド委員(カナダ)は1日、CNNテレビのインタビューで、彭は無事との見方を強調し「彼女はプライバシーの尊重を望んでいる」と述べた。

同委員は、トーマス・バッハ会長らIOC幹部らが彭と通話したテレビ電話は「やらせ」だったのではないかとの質問に「推測にすぎない」と否定した。ただ、委員自身はテレビ通話の映像は見ていないとした。

zakスペシャル

ランキング

  1. 「南海トラフ」の前兆か 未明の大分、宮崎を襲った震度5強 列島周辺で頻発する強い揺れ「すでに始まっているといってよい」識者

  2. 渋野日向子、米ゴルフツアー出場は3戦目「ドライブオン選手権」か?

  3. 小池栄子にじみでる女優の矜持、大河「鎌倉殿」で〝裏主演〟 ガッキーとのアップ合戦でも凛とした美しさ放つ

  4. 【日本の解き方】国会で見送られる重要法案 参院選まで「紛糾しそうなものを回避」慎重すぎる姿勢

  5. 迷走するオミクロン対応 「若者の検査・診断スルー」で混乱に拍車 「国と尾身先生、分科会で整合性取って」小池都知事も不快感

  6. 【大前研一のニュース時評】切れ味の鈍さ感じる「22年世界の10大リスク」 4位は中国内政「恐怖のネット企業統制」…最大のリスクは?

  7. 【艶グラドル】志田音々、盛りだくさんトレカぜひ集めてネ! セクシーポイントは「鎖骨にあるホクロ」

  8. 文大統領の「竹島」ギフト、日本受け取り拒否 韓国政府に強く抗議 旧正月の慣例として相星孝一大使宛てに送付

  9. 【菅原大地のサイコースイング】スイング作りの練習とショット練習は分けて考える

  10. 盛られた苦労話…宮迫博之〝黒幕〟発覚でネット民ドン引き 焼き肉店の開店めぐり「ネタ」とは受けとめず「嘘」とみる反応も