NHK紅白が大谷翔平を狙うワケ 出演はほぼ確実 五木不出場…識者「偉大なエンターテイナー失った」2/2ページ

今年のヒーローである大谷は、どの世代の視聴者層にもアピールできる存在だ。ある音楽関係者は「今回の出場者の顔ぶれは若い世代をターゲットとしており、年配の層には響かない可能性がある」と指摘する。そのためにも、審査員でバランスを取ろうとしているとも受け取れる。

視聴率をいかに維持するか。そのために様変わりを続ける紅白について、芸能文化評論家の肥留間正明氏は、五木ひろしが不出場を宣言したことを残念がる。

「演歌勢がどんどん居場所をなくしている。そういう意味では早々に紅白から撤退した五木は先を読んだのだろう。だが、偉大なエンターテイナーを紅白は失ったといっても過言ではない。一度でいいから五木の明治座公演を見てほしい。歌唱力は申し分ない。さらに話術にたけ、歌との間をつなぐ演劇は藤山寛美の後継者として演技力は堂にはまっている。ピアノを弾けばその腕前に耳を傾け、ギターを駆使して自分作曲の曲を歌いあげる。ちなみに明治座の1カ月公演は常に満席で優に3万5000人以上動員できる。エンターテイナーとしての資質は文句のつけようがない」

今年の紅白から新たなエンターテイナーが生まれるのだろうか。

zakスペシャル

ランキング

  1. 西側諸国「6月反攻」に秘密兵器 ゼレンスキー大統領、東部苦戦に「装備の差」主張 これまでで最も殺傷力が高い榴弾砲供与か 「8月までは一進一退」識者

  2. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  3. 【日本の核戦略】核シェアリングの方法(上) 中国の核恫喝が現実に…日本の政治家はもはや逃げ回れない 「核を持ち込めば、敵の核に狙われる」は無知な議論

  4. 【小池百合子 強く、そしてしなやかに】若者に浸透した安全保障のリアル 「ウクライナ侵攻」で脅かされる食料、エネルギー…自然災害にも目

  5. 【玉ちゃんの酔滸伝】杜の都・仙台で〝スナックセンサー〟発動! 店名からスナックかクラブかを選別、入店テクニックも披露

  6. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  7. ビニ本販売で「まんだらけ」摘発 「芸術としてのエロスと捉えていた」社長ら5人書類送検、1440万円売り上げ 昨年には風営法違反も

  8. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  9. 阪神、佐々木朗希に“エース回避作戦”大成功 負ければ自力V消滅の可能性もミラクル起こす セ・パ交流戦

  10. 【艶グラドル】古川杏は〝だんじり娘〟 セクシーポイントは「左頰の秘密のホクロ」