ゴルフ真剣勝負 the MATCH

プロ野球OB編・元ヤクルト飯田哲也さん(1) アンダースローの投手のように振り抜く2/2ページ

また、体の動かし方に関しては、野球のバットスイングのような水平な回転で、パワーを逃さずにしっかりとボールをつかまえていきます。

もちろん、元野球選手だけあって、フェース向きのイメージや、クラブの重心位置を感覚でとらえながら、うまくフェースをスクエアに合わせていくという技術は一般アマチュアゴルファーにはとうていマネのできないところです。

ただ、ストロングで握り、その握りを変えないで振り抜いていくという点は、アマチュアゴルファーの、特にパワー不足を感じている人には参考になるはずです。

(解説:金谷多一郎プロ)

■ゴルフネットワーク『ゴルフ真剣勝負 the MATCH』の12月は、恒例のプロ野球OBによるダブルス対決。ヤクルトOBの飯田哲也、宮本慎也とロッテOBの定詰雅彦、前田幸長の4氏が「セ・パ交流戦」で熱戦を繰り広げます。視聴問い合わせ℡0120・562・034

■飯田哲也(いいだ・てつや) 1968年5月18日、東京生まれ。拓大広陵高校卒。ヤクルト、楽天で俊足好打の外野手として活躍。1991年から7年連続ゴールデングラブ賞を獲得。引退後はヤクルト、ソフトバンクでコーチを務め、現在は解説者。通算成績は1248安打、48本塁打、363打点、234盗塁、打率・273。

zakスペシャル

ランキング

  1. 西側諸国「6月反攻」に秘密兵器 ゼレンスキー大統領、東部苦戦に「装備の差」主張 これまでで最も殺傷力が高い榴弾砲供与か 「8月までは一進一退」識者

  2. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  3. 【日本の核戦略】核シェアリングの方法(上) 中国の核恫喝が現実に…日本の政治家はもはや逃げ回れない 「核を持ち込めば、敵の核に狙われる」は無知な議論

  4. 【小池百合子 強く、そしてしなやかに】若者に浸透した安全保障のリアル 「ウクライナ侵攻」で脅かされる食料、エネルギー…自然災害にも目

  5. ビニ本販売で「まんだらけ」摘発 「芸術としてのエロスと捉えていた」社長ら5人書類送検、1440万円売り上げ 昨年には風営法違反も

  6. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  7. 【ニュースの核心】米が構築「新しい戦争のかたち」 武器弾薬を提供し実際に戦うのは現地軍 台湾防衛「あいまい戦略」修正も中国抑止へ「憲法改正」は不可欠

  8. 阪神、佐々木朗希に“エース回避作戦”大成功 負ければ自力V消滅の可能性もミラクル起こす セ・パ交流戦

  9. 【艶グラドル】古川杏は〝だんじり娘〟 セクシーポイントは「左頰の秘密のホクロ」

  10. 【玉ちゃんの酔滸伝】杜の都・仙台で〝スナックセンサー〟発動! 店名からスナックかクラブかを選別、入店テクニックも披露