鉄ドル・伊藤桃 “ぐう渋”居酒屋の旅

東京23区唯一の造り酒とおでんと〝国境越えた味〟  王子駅「平澤かまぼこ」1/1ページ

定番から変わり種まで。テークアウトもできます(提供写真)
定番から変わり種まで。テークアウトもできます(提供写真)
その他の写真を見る (1/2枚)

あっという間に12月。木枯らしが吹くこの季節に食べたくなるといえば温かいおでん。それも昔ながらの立ち飲みとなれば最高です。今回ご紹介するのは王子駅から徒歩30秒。店頭でぐつぐつと煮込まれているおでんが魅力的な「平澤かまぼこ」です。

昼飲みもできるので、土曜の昼下がりにお邪魔しましたが、カウンターにはすでに赤ら顔のお客さんがちらほら。早速仲間入りをするべく、まずはお湯割りから。東京23区唯一の造り酒で、北区の地酒の丸眞正宗があるのも見逃せない。こちらは1合380円とうれしいお手頃価格です。

お勧めからウインナーとチーズをかまぼこでまいた源氏巻き、かまぼこ、卵焼きをチョイス。しっかりと歯応えがあり、うま味たっぷりの練り物が実においしい。隣町、赤羽で1962年から営業を続ける「平澤蒲鉾店」の姉妹店で、練り物はすべてこの店のものだそう。おでんも25種と豊富で、ぎょうざ巻きやカレーボールなんてユニークなメニューも。昆布と煮干しでとっただしがしみ込んだおでんはほっこり心にしみるおいしさです。シメには同じくお勧めのチキンカレー。

おでん店にカレーとは意外ですが、実はお店の大将はネパール出身。先代の女将の引退を機に引き継いだのです。国境を越えて大切にされ続けている「平澤かまぼこ」、ぜひほっと温まりに行ってみてはいかがでしょうか。

■「平澤かまぼこ 王子駅前店」は東京都北区岸町1の1の10 NUビル1階(03・5924・3773)。※コロナ禍のため営業時間は変動する場合があります。

■伊藤桃(いとう・もも) 鉄道アイドル、タレント。3月11日生まれ、青森県出身。青山学院大学文学部卒業。JR全線完乗した乗り鉄。渋い居酒屋めぐりも趣味。FM狛江『伊藤桃の小田急全駅ものがたり』(毎月第3、5日曜)に出演。ヴィレッジヴァンガードサイトでコラム連載中。著書に『小田急全駅ものがたり』『桃のふわり鉄道旅』。頑張る居酒屋をインスタグラム(https://www.instagram.com/itomomo_izakaya/)でも応援中だ。スペースクラフト・エージェンシー所属。


zakスペシャル

ランキング

  1. 対中非難決議、五輪前に出せるのか? 茂木氏「今国会で成立できる」と言及も… 石平氏「日本の人権感覚が問われる」

  2. 【スポーツ随想】鉄人・玉鷲が金星も素直に喜べぬ大相撲の〝お寒い現状〟 朝乃山再浮上のころには横綱、大関不在⁉

  3. 感染過去最多も「緊急事態宣言」〝回避可能〟 医療関係者見解「治療薬に効果」「医療逼迫ないかも」 「第6波」で1都12県に「重点措置」

  4. なぜポテトはSのままなのか 日本の港がコンテナ船にスルーされる現実も

  5. 【サクラと星条旗】カルロス・ゴーン事件から3年…日本に〝幽閉〟された元側近 孫にも会えず、米国では「日本でビジネスするなら気をつけろ」、釈放求める声も 3月3日判決

  6. 異例の発表、米原潜「ネバダ」のグアム寄港 中国・北朝鮮を牽制 米CNN報道

  7. 【日本の解き方】不安な政府のオミクロン対策…「柔軟な対応」強調するが、先読まず場当たり対応目立つ 菅政権より仕事をしていない

  8. 自衛隊幹部の「画像流出騒動」で危ぶまれるセキュリティ問題

  9. 消えぬハッキング疑惑、中国習政権に各国〝総スカン〟 北京五輪開幕前に欧米は個人用スマホ持ち込み手控え 識者「帰国後の使用継続は危険」

  10. 前澤友作氏に“新恋人” お相手は16歳差のドラマー梅村妃奈子 昨年4月に剛力彩芽と破局