ロシアやイラン、国際テロ組織と並ぶ「中国は4大脅威」 MI6・ムーア長官が異例の演説 英BBCは習主席らのウイグル弾圧関与を報道1/2ページ

習近平主席(中央)ら中国の脅威が高まっている(新華社=共同)
習近平主席(中央)ら中国の脅威が高まっている(新華社=共同)
その他の写真を見る (1/2枚)

英国の対外情報機関、秘密情報部(MI6)のリチャード・ムーア長官が、中国をロシアやイラン、国際テロ組織と並ぶ4大脅威と名指しし、中国への対応を最優先と明言する異例の演説を行った。英メディアも習近平国家主席のウイグル問題への関与の疑いや、台湾への人権弾圧疑惑を報じるなど対中批判を強めている。近く米国主導の「民主主義サミット」も開かれるが、一連の動きの背景に何があるのか。

スパイ映画「007」シリーズで、ジェームズ・ボンドが所属していることでも知られるMI6の長官が公の場で演説するのは異例だ。

ムーア氏は11月30日に行った演説で、中国とロシア、イラン、国際テロ組織の脅威を「ビッグ4」と重視し、情報収集していると明かした。

中国の情報機関について「高い能力を有し、広範囲な規模で英国とその友好国に対して、大規模な諜報活動を展開している」とし、「中国の台頭によって影響を受けた世界に適応することが、MI6にとって最大の優先事項だ」と断言した。

一方で、「中国政府は自信過剰のあまり、国際情勢について誤算するリスクがある」「西側諸国のもろさに関する自らのプロパガンダを信じている」とも指摘した。

zakスペシャル

ランキング

  1. トンガ沖噴火“世界的寒冷化で食料危機”へ 大気中の粉塵で太陽光遮断、農業や畜産業に打撃 「脱炭素社会」実現も困難か

  2. 【マンション業界の秘密】タワマンから戸建てへ…流れは変わるか テレワークでの不都合管理費・修繕積立金の値上げ

  3. 【芸能ニュース舞台裏】伊集院光、ラジオ終了も…上層部との戦争避けるクレバーな不満のにおわせ方

  4. 合同自主トレの柳田、清宮ら6選手集団感染、それでもキャンプ開催するのか 「最悪の事態も想定しなければ…」プロ野球関係者は戦々恐々

  5. 日米首脳の対面会談はいつに!? オミクロン株で言い訳できない「林外相の親中派の疑念払拭せよ」青山繁晴氏が岸田政権に諫言

  6. 米国、カナダも警戒 北京五輪の個人携帯持ち込み…日本はどうする!?

  7. 「私も寝不足」発言で火に油 緊急速報の誤配信、神奈川の黒岩知事が釈明も…深夜に大音量で20回通知

  8. 【エンタなう】愛妻を寝取られながら、見て見ぬフリをする男の心の内は… ゴールデン・グローブ賞受賞で再注目、映画「ドライブ・マイ・カー」

  9. 【麺喰いにつき】餡たっぷりワンタンメンと〝二郎風〟醤油ラーメン 新店&復活話題の2軒!

  10. 大統領選で誰が勝っても…韓国経済は「日本を追い抜く」どころか政治主導で長期混乱期に突入へ 〝韓数字〟予測に大はしゃぎする左派系学者・ジャーナリストたち