睡眠講座~ぐっすり寝て人生を豊かに

熟睡を促す重炭酸入浴法 重曹・クエン酸・ビタミンCの含まれているタブレットを活用、血流が効率よくアップ3/3ページ

「血流&体温アップの方策となれば、まずは入浴です。重炭酸イオン入りのタブレットをプラスすると効果は飛躍的となります。炭酸ガス入りの入浴剤とは異なり、重酸素イオンは24時間安定してお湯の中に留まるので、追い炊き入浴しても効力が継続します。さらに、中性である重炭酸イオンは血管や血液に溶け込みやすく、血管拡張作用のあるNO(一酸化窒素)の産生を促すことで血行を改善します」

ちなみに、このNOは、男性にとって見逃せないバロメーターでもあるという。

「NOは加齢や男性ホルモン低下で減少し、NO不足による動脈硬化は体の中で一番細い、男性器の動脈から始まります。朝の充血度合いをチェックし、動脈硬化の予兆を見過ごしてはいけません」

寝る1時間半前にぬるめの湯船に重炭酸タブレットを入れて、15分以上はゆっくり浸かり、深部体温をしっかり上げてみてほしい。その時にはスマートフォンを持ち込まず、仕事や余計なコトを考えず、各所をマッサージしながら、ぼーっと過ごしてみてほしい。

風呂からあがって体温が下がってきた頃にスーっと眠気が訪れることだろう。

あすは眠りを促すCBDについて。(取材・熊本美加)

■ぐっすり眠れる! Dr.MANA式入浴法

(1)眠る1時間半前にぬるめのお湯にゆっくり浸かる。(40度で15~20分)

(2)重炭酸温浴法(重曹・クエン酸・ビタミンCの含まれているタブレットを活用すれば血流が効率よくアップし、NO(一酸化窒素)をチャージ

(3)湯船につかっている時は何も考えない(瞑想・ひたすら、ぼーっとする)

■岩本麻奈(いわもと・まな) 皮膚科専門医。東京女子医科大学卒、慶應義塾大学医学部皮膚科で研修後、済生会中央病院などに勤務。20年に及ぶパリ生活で、抗老化医学、自然薬草療法、予防医学などを学ぶ。EU圏の大手製薬会社やコスメ企業のアドバイザーを兼任、日本では大手通販会社でコスメブランド開発に従事。2020年に帰国、現在は複数のクリニックに勤務し、最先端再生医療や美容医療に携わり、今夏から「睡眠美容外来」を開設。健康や美容のためにいかに睡眠が重要かを啓発する。日本臨床カンナビノイド学会認定登録医、日本温泉気候物理医学会会員、日本睡眠学会会員。ナチュラル・ハーモニークリニック表参道 副院長、グランプロクリニック銀座理事。近著に『睡眠美容のすすめ』(西村書店刊)。

zakスペシャル

ランキング

  1. 西側諸国「6月反攻」に秘密兵器 ゼレンスキー大統領、東部苦戦に「装備の差」主張 これまでで最も殺傷力が高い榴弾砲供与か 「8月までは一進一退」識者

  2. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  3. 【日本の核戦略】核シェアリングの方法(上) 中国の核恫喝が現実に…日本の政治家はもはや逃げ回れない 「核を持ち込めば、敵の核に狙われる」は無知な議論

  4. 【小池百合子 強く、そしてしなやかに】若者に浸透した安全保障のリアル 「ウクライナ侵攻」で脅かされる食料、エネルギー…自然災害にも目

  5. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  6. 【玉ちゃんの酔滸伝】杜の都・仙台で〝スナックセンサー〟発動! 店名からスナックかクラブかを選別、入店テクニックも披露

  7. ビニ本販売で「まんだらけ」摘発 「芸術としてのエロスと捉えていた」社長ら5人書類送検、1440万円売り上げ 昨年には風営法違反も

  8. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  9. 阪神、佐々木朗希に“エース回避作戦”大成功 負ければ自力V消滅の可能性もミラクル起こす セ・パ交流戦

  10. 【最新国防ファイル】陸自唯一の機甲師団「第7師団」 ロシアが仮想敵のずば抜けた戦闘力 いまは領土防衛のため機動展開の部隊に変革