夕刊フジ×キイストン 飲食業新時代への挑戦

小麦アレルギー、米の消費問題に「米粉50%食パン」投入で活路 食パン一筋「一本堂」(IFC)2/2ページ

日本ではここ数年、米の消費量が減り、主食が逆転したとも言われるほどパンの消費量が増えている。しかし「パンを食べたい」人が確実に増えている一方で、アレルギーに配慮したグルテンフリー食品が注目されている時代だ。さらに、このまま米余り状態が続けば、生産者への打撃だけでなく国の備蓄問題にもつながると考え、「パンで米を消費する」発想に至った。

商品開発段階で、一番の難問は米粉の配合比率だった。なるべく多く米を使用したいが、一定以上のパーセンテージになるとふくらまないし、おいしくない。もちもちの食感とご飯の風味を保ち、かつ添加物を使用しないギリギリの線が米粉50%なのだという。

先述したが、FCオーナーは取り扱う商品を選ぶことができる。秋に開催したFC向け研修会で米粉食パンは好評で、半数以上の店舗が取り扱いを決定した。

スタート時は、北海道の「ななつぼし」を使用。この先、店舗がある都道府県のご当地米を使用する計画も進んでおり、100店舗前後での取り扱いを目標とし、各農協との交渉も進めている。将来的には、各県庁所在地にご当地ブランド米使用の食パンを扱う一本堂を構えたいという願望もあり、これからFC加盟される方には、「米粉食パン」ありきで勧めていくという。

スーパーで売られている100円代の食パンと、800円以上するいわゆる高級食パンの中間帯を狙った戦略で成功してきた一本堂。食パン一筋を貫きながら、米の消費問題に新たな活路を見いだした。まだ開発途中ではあるが、米粉100%の食パンが日常の食卓に並ぶ未来への挑戦を続けていく。(取材・福士由紀)

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】本人はチャート1位にこだわっていなかった 連続首位記録は16作で途切れるも…自分の考えを譲らなかった22枚目のシングル

  2. 東出昌大「独立後の初主演映画」女性連れ込みで事務所解雇の契機になった作品だった

  3. 【政界マル秘紳士録】林芳正外相 戦後どの外相も経験のない難局に挑む「困ったときの林さん」 経歴からすれば「親中派」というより「親米派」!?

  4. 【日本の解き方】岸田首相の内閣改造の特徴は「オレ流・脱安倍・昭和人事」〝古き良き時代〟のやり方、喜んでいるのは中国と財務省だけ

  5. 〝中露謀略〟岸前防衛相がウクライナを非難するかのようなツイッター投稿を捏造…中国語投稿者が協力 原発に絡めて日本の政治家が標的か

  6. 「自業自得」匂わせる一部メディアの異常な発信 安倍元首相暗殺から1カ月以上、誰が被害者で誰が加害者なのか 政治学者・岩田温氏が緊急寄稿

  7. 明石家さんま発言にSMAPファン〝失望〟 香取と共演も「木村に会いすぎてるから、気ぃつかうのかなぁ」より深い溝が見えただけの結果に

  8. 【艶グラドル】高橋凛、これが〝大人美ボディー〟 Iカップバストに筋トレで鍛えた腹筋

  9. 『鎌倉殿の13人』生田斗真に注目! 時代劇研究家「何かが起きる予感がする」の所以

  10. 「孔子学院」日本で閉鎖する大学も 米国で激減、英国では次期首相候補が閉鎖「公約」 中国の政治宣伝、諜報活動の拠点との指摘

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ