よみがえる日英同盟

日本の安全保障に「第2次日英同盟」が急務 100年前の解消を歴史的失敗の教訓に1/2ページ

岸田文雄首相
岸田文雄首相
その他の写真を見る (1/3枚)

第一次世界大戦を経て、世界のリーダーとなった日本は、パリ講和会議(1919=大正8=年)で「人種差別撤廃」を提案した。後の国際連盟設立(20=同9=年)に際しても、日本は「人種差別撤廃」の文言を規約前文に入れるよう求めたが、全会一致ではなかったとして拒否された。

そうしたなか、かつては日露戦争後のポーツマス講和条約の仲介を買って出てくれた米国の横やりで、日英同盟は解消に追い込まれてしまう。

米国の提唱した、日本と米国、英国、フランスの四カ国条約の締結(21=同10=年)に実質的に飲み込まれ、02(明治35)年から23(大正12)年まで20年間続いた日英同盟は終焉(しゅうえん)した。日本の国際的地位が揺らぎ始めたのは、それからのことだった。

元駐タイ大使の岡崎久彦氏は、第一次世界大戦後の世界大恐慌後も日英同盟が続いていたら、どうなっていたかを次のように考察した。

《あの当時、中国大陸に最大の利権を持っていたのはイギリスです。そのイギリスとがっちり組んでいれば、日本は中国市場を確保できたでしょう。アメリカはたしかに日本の中国政策には反対だった。しかし、日本がイギリスと利害調整をしていれば、当時のアメリカとしては日英共同の政策には反対できません》(渡部昇一、岡崎久彦著『賢者は歴史に学ぶ』クレスト社)

日英同盟が、いかに日本に重要だったかが分かると思う。

zakスペシャル

ランキング

  1. 韓国の半導体“衰退危機” 素材・部品など日本頼みが致命的 経済成長率も日本下回る予測 生き残るには米中間「二股外交」か

  2. 息切れ、強い倦怠感、ブレイクフォグ「ワクチン後遺症」に苦しむ人たち

  3. 〝二刀流〟に挑む日テレ・桝アナ、40歳で大学研究員に転身の思い 「よりよい科学の伝え方についてもっと深く考えて…」 後輩・水卜アナもエール

  4. SNSを一斉削除、酒井法子に不穏な空気 「新事務所の立ち上げによる出直し」との報道も

  5. レコード人気じわり復活 生産10倍、デジタルと共存 「聴くための〝手間〟に魅力を感じる人が増えたのではないか」

  6. 日米、沖縄南方で異例の大規模共同訓練の狙いとは 中国や北朝鮮の軍事的覇権拡大の姿勢に警戒か 識者「演習が有事のテストになる」

  7. 池袋ホテル82歳男性刺殺事件 容疑者の女「路上で声掛けてホテルに行った」 「パパ活していた」との供述も

  8. 「重点措置」適用拡大、2年前から代わり映えしない対策…「日本は『ウィズコロナ』『ポストコロナ』のビジョンが希薄すぎる」 村中璃子氏が苦言

  9. 13場所ぶり3度目Vの御嶽海、母・マルガリータさんはツイッターでトレンド入り! 歓喜の場面が映し出されて…解説の北の富士勝昭氏「お母さんのファンです」

  10. 霜降り明星・せいやの物議を呼ぶ破局発言 3時のヒロイン福田との交際報道に事務所〝過剰反応〟でさらに波紋か