よみがえる日英同盟

日本の安全保障に「第2次日英同盟」が急務 100年前の解消を歴史的失敗の教訓に1/2ページ

岸田文雄首相
岸田文雄首相
その他の写真を見る (1/3枚)

第一次世界大戦を経て、世界のリーダーとなった日本は、パリ講和会議(1919=大正8=年)で「人種差別撤廃」を提案した。後の国際連盟設立(20=同9=年)に際しても、日本は「人種差別撤廃」の文言を規約前文に入れるよう求めたが、全会一致ではなかったとして拒否された。

そうしたなか、かつては日露戦争後のポーツマス講和条約の仲介を買って出てくれた米国の横やりで、日英同盟は解消に追い込まれてしまう。

米国の提唱した、日本と米国、英国、フランスの四カ国条約の締結(21=同10=年)に実質的に飲み込まれ、02(明治35)年から23(大正12)年まで20年間続いた日英同盟は終焉(しゅうえん)した。日本の国際的地位が揺らぎ始めたのは、それからのことだった。

元駐タイ大使の岡崎久彦氏は、第一次世界大戦後の世界大恐慌後も日英同盟が続いていたら、どうなっていたかを次のように考察した。

《あの当時、中国大陸に最大の利権を持っていたのはイギリスです。そのイギリスとがっちり組んでいれば、日本は中国市場を確保できたでしょう。アメリカはたしかに日本の中国政策には反対だった。しかし、日本がイギリスと利害調整をしていれば、当時のアメリカとしては日英共同の政策には反対できません》(渡部昇一、岡崎久彦著『賢者は歴史に学ぶ』クレスト社)

日英同盟が、いかに日本に重要だったかが分かると思う。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【これだけは押さえておきたい鎌倉殿の13人】源義経(菅田将暉) 静御前との青春悲恋ストーリーに注目

  2. 田中みな実『あざとくて何が悪いの?』打ち切り報道→Pが否定 騒動にも動じない理由

  3. ワクチン追加接種、日本は先進国で〝最下位クラス〟 OECD加盟国の大半は20~60%台…日本わずか1・88% 供給元に明確なデータ示せず供給遅れか

  4. どうやって撮影したのか?共通テスト問題流出事件 ITジャーナリストの三上洋氏「スマホのみ使用の可能性が高い」「発信者特定は時間の問題」

  5. 事務所クビ報道の東出昌大、出演映画好調で「第4弾を」の声も険しい今後

  6. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】中森明菜、レコ大連覇へ周囲はピリピリ 「ノンフィクション・エクスタシー」は不振

  7. 安倍元首相が激白! 韓国批判の「強制労働」の事実はない、外交はファクトで闘え…「正々堂々推薦すべし」 佐渡金山の世界遺産見送り問題

  8. 「何年同じことをやってるのよ」巨人・川相ファーム総監督が指摘するチームの問題点 いくら技術を伝えても、うまく継承されていない現状に警鐘

  9. 坂本一生が驚きの「変身」ぶり 金髪に真っ黒日焼け肌…プロレスラーのような肉体に

  10. 「佐渡金山推薦見送りなら保守層離れる」自民・高鳥修一政調会長代理 党内議員連盟「保守団結の会」で発言