エンタなう

「絶望」の前に音楽は無力なのだろうか 映画「天才ヴァイオリニストと消えた旋律」1/1ページ

映画を彩る名曲の数々が切なく美しい(提供写真)
映画を彩る名曲の数々が切なく美しい(提供写真)

才能あふれる若きヴァイオリニストのデビューコンサート直前に、当の本人が突然姿を消した。ハラハラする幕開けの映画「天才ヴァイオリニストと消えた旋律」(公開中)は、音楽が人と人を紡ぐミステリーだ。

第二次世界大戦下のロンドン。9歳のマーティンの家にポーランド系ユダヤ人で、同い年の天才ヴァイオリン少年、ドヴィドルが預けられる。自信家で生意気なドヴィドルだったが、やがてナチスドイツがポーランドに侵攻したニュースを聞き、家族の写真を見ながら涙を流す。励ますマーティンに心を開いて、固い友情で結ばれた。

21歳になったドヴィドルはデビュー公演の開演直前、何も言わず姿を消す。物心両面でサポートしてきたマーティン一家は痛手を被った。

あれから35年後、マーティンは、ある手がかりをきっかけに、ドヴィドルの軌跡を追い始める。ワルシャワ、ニューヨーク…と幻影のような旋律が行き着く先には、思わぬ真実が待っていた。

大人になったマーティンを演じるのはティム・ロス。兄弟同然に育ったドヴィドルの失踪が理解できず、心配と怒りが入り交じった感情を押し込めた演技が光る。若い頃の映像が謎解きのヒントとして、たびたびフラッシュバックする。映画に登場するパガニーニやブルッフの名曲は世界的名手のレイ・チェンが吹き替え、極上の響き。人生の絶望を前にしたとき、音楽は無力なのだろうか。その答えが突きつけられるラストに注目。 (中本裕己)

zakスペシャル

ランキング

  1. 韓国の半導体“衰退危機” 素材・部品など日本頼みが致命的 経済成長率も日本下回る予測 生き残るには米中間「二股外交」か

  2. 息切れ、強い倦怠感、ブレイクフォグ「ワクチン後遺症」に苦しむ人たち

  3. SNSを一斉削除、酒井法子に不穏な空気 「新事務所の立ち上げによる出直し」との報道も

  4. 〝二刀流〟に挑む日テレ・桝アナ、40歳で大学研究員に転身の思い 「よりよい科学の伝え方についてもっと深く考えて…」 後輩・水卜アナもエール

  5. レコード人気じわり復活 生産10倍、デジタルと共存 「聴くための〝手間〟に魅力を感じる人が増えたのではないか」

  6. 日米、沖縄南方で異例の大規模共同訓練の狙いとは 中国や北朝鮮の軍事的覇権拡大の姿勢に警戒か 識者「演習が有事のテストになる」

  7. 池袋ホテル82歳男性刺殺事件 容疑者の女「路上で声掛けてホテルに行った」 「パパ活していた」との供述も

  8. 13場所ぶり3度目Vの御嶽海、母・マルガリータさんはツイッターでトレンド入り! 歓喜の場面が映し出されて…解説の北の富士勝昭氏「お母さんのファンです」

  9. 霜降り明星・せいやの物議を呼ぶ破局発言 3時のヒロイン福田との交際報道に事務所〝過剰反応〟でさらに波紋か

  10. 【トラとら虎】崖っぷち大山悠輔内野手の決意「どこでも守る!!」 背景に昨年の不振、横たわる4番失格