マンション業界の秘密

都心の局地バブルもいずれは崩壊…引き金は中国発の大型不動産会社倒産か1/2ページ

高すぎる都心の不動産。土地代と作業員の人件費高騰が主因ではあるが…
高すぎる都心の不動産。土地代と作業員の人件費高騰が主因ではあるが…

経済というものは、その主体が人間である。ところが人間の心の動きというのは、何とも捉えどころがない。

人間が全員法則通りに動くのなら、経済学という学問はもう少し実用的なレベルに達しているはずだ。しかし、そうではないので経済学はいまだに使えない。ノーベル賞級の経済学者が束になって政策を立案し、それを実行しても、不況を避けられないのがその証左。それを「合成の誤謬(ごびゅう)」といってごまかしている。

同じくバブルも繰り返される。最初は17世紀にオランダで起こったチューリップバブル。18世紀の初めに起こったイギリスの南海泡沫事件も有名。いずれも、後世から見れば、何ともバカバカしい構造である。

私が不動産業界の周縁で経験したのは、1980年代後半の平成大バブル。さらに2000年代のファンドバブル。そして、今回の局地バブル。

平成大バブルは金融政策が緩和から引き締めに転じたことで崩壊。ファンドバブルはリーマン・ショックが崩壊のトリガーだった。今回の局地バブルはどうだろうか。

今の情勢だと、中国の不動産バブル崩壊がきっかけになりそうな気配である。

北京や上海、深圳の一等地にあるありふれたマンションは、平均的な所得層の人の年収の100倍らしい。

zakスペシャル

ランキング

  1. 渋野日向子、米ゴルフツアー出場は3戦目「ドライブオン選手権」か?

  2. 「南海トラフ」の前兆か 未明の大分、宮崎を襲った震度5強 列島周辺で頻発する強い揺れ「すでに始まっているといってよい」識者

  3. 小池栄子にじみでる女優の矜持、大河「鎌倉殿」で〝裏主演〟 ガッキーとのアップ合戦でも凛とした美しさ放つ

  4. 【日本の解き方】国会で見送られる重要法案 参院選まで「紛糾しそうなものを回避」慎重すぎる姿勢

  5. 迷走するオミクロン対応 「若者の検査・診断スルー」で混乱に拍車 「国と尾身先生、分科会で整合性取って」小池都知事も不快感

  6. 【大前研一のニュース時評】切れ味の鈍さ感じる「22年世界の10大リスク」 4位は中国内政「恐怖のネット企業統制」…最大のリスクは?

  7. 文大統領の「竹島」ギフト、日本受け取り拒否 韓国政府に強く抗議 旧正月の慣例として相星孝一大使宛てに送付

  8. 【艶グラドル】志田音々、盛りだくさんトレカぜひ集めてネ! セクシーポイントは「鎖骨にあるホクロ」

  9. 飲食店社長が激白、自治体要請の〝矛盾〟「休業要請の有無によって業績に大きな開き…本来あるべき姿ではない」 「地方への支援金」の拡充を

  10. 【アイドルSEXY列伝】国分佐智子、落語界イチの美人妻は「別格の華」 林家三平は妻と子のためにも奮闘を