心筋梗塞 血液でリスク予測

血液検査でデータ可視化 ノンアルに変える涙ぐましい努力で生活習慣改善1/2ページ

将来の疾患予測
将来の疾患予測
その他の写真を見る (1/2枚)

働き盛りにとって最も怖い急性心筋梗塞や脳卒中は、冬にかけて死亡件数が急増する。健診や人間ドックで前兆を見つけづらいのが難点で、朝起きたら突然、心筋梗塞などで倒れるケースが後を絶たない。そうしたリスクを少量の採血で予測する検査が今年始まった。この検査に参画するカリスマ保健師の清家勝代さんに、生活習慣病改善に向けたコツを聞く。

心筋梗塞や脳梗塞は、狭窄(きょうさく)した血管に血栓が飛ぶなどして発症する。その発症リスクを少量の採血でどのように判定するのか。

この画期的な血液検査「フォーネスビジュアス」を手掛けるのはNECグループのフォーネスライフ(東京都)。同社によると、「対象のタンパク質は約7000種類に上り、これを総合的に評価することで、一つ一つを個別に評価するだけでは分からなかった病気の手がかりを予測できる」という。

そして、清家勝代さんら保健師のフォローが欠かせない。都内のIT企業に勤める岡田弘樹さん(仮名=40代後半)の検査例をみてみよう。

岡田さんの検査結果は、4年以内の心筋梗塞・脳卒中発症リスクは2・59%と、2番目に低い判定。メタボの元凶となる内臓脂肪は通常、CT検査等でしか分からないが、これも少量の採血で測定でき、岡田さんは1455グラムで、2番目に多い判定。しかも、アルコールの影響は「大」との判定だった。

zakスペシャル

ランキング

  1. 安倍氏・高市氏ら猛反発!佐渡金山の世界遺産推薦見送り 「日本には後ろめたいことがある」世界に間違った印象も 「岸田政権は韓国の術中にハマった」識者

  2. 盛られた苦労話…宮迫博之〝黒幕〟発覚でネット民ドン引き 焼き肉店の開店めぐり「ネタ」とは受けとめず「嘘」とみる反応も

  3. 【警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識】深発地震後のプレート上のつながり 700キロメートル地下で起きた〝世界一深い大地震〟が浅い地震を引き起こした?

  4. 【山崎武司のメッタ斬り 生涯ジャイアン】日本ハム・清宮の10キロ減量は大正解 22キロ減で本塁打王の経験者が断言「ケガは減り身体のキレは増す」

  5. 【ニュースの核心】危うい対中融和、岸田政権〝楕円の理論〟 首相と外相が一字一句違わず「共存」目指すような発言、消し去られた日米共同声明

  6. コロナ重点措置でマラソン大会中止ラッシュ 川内優輝選手が語る「政府への疑問」

  7. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  8. 【トップ近況】小型車が次世代の主流に 「2025年はEV時代への分水嶺」 日本電産・永守重信会長

  9. 【寅年女いい女2022】王林 郷土溢れる津軽なまりの〝非〟天然キャラ スタイルは一流モデル並み

  10. 若手国内組はシラケムード? 変わらぬ「海外&ベテラン」の偏重、森保ジャパン国内合宿3日目