冨安の顔面を“踏みつけ“…現地SNSで物議「顔の位置を確認してから“着地”」「トミヤスがスパイクに頭突きしたんだ」「VARでの判断は困難」1/2ページ

冨安健洋
冨安健洋

サッカーのイングランド・プレミアリーグで6日(日本時間7日)、アーセナルの日本代表DF冨安健洋が相手選手に顔面を踏まれるアクシデントがあり、元イングランド代表選手が「100%故意的だ」と非難するなど、現地のSNSで物議を醸している。

問題の場面は0-0の前半28分に起きた。自陣の右タッチライン際でボールを受けた冨安は、相手MFアランとの競り合いの中でもつれて倒れた際に、こぼれ球に詰めてきたエバートンDFゴッドフリーと接触。ゴッドフリーの右足が冨安の顔を踏みつけるアクシデントに見舞われた。

主審は試合を止めてビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による確認を行ったが、相手にレッドカードは出ず、試合は続行された。

現地では、この危険プレーが故意によるものか否かで大論争となった。元イングランド代表DFのガリー・ネビル氏は現地メディアに対して「プロの立場から見れば100%故意的だ。ただしVARではそれを証明できなかったため、レッドカードが出ないことは理解できる」との見解を示し、危険プレーを非難。英ジャーナリストのピアーズ・モーガン氏も自身のツイッターで「警告もないなんて…トミヤスの顔をわざと踏みつけたのは明らかだ。ゴッドフリーと審判団によるとんでもない行為だ」と怒りを露わにした。

SNSでも、退場処分が妥当だとする現地ネット民から「あれは避けられたはず」「確実にトミヤスの顔の位置を確認してから“着地”してるだろ」「なぜ退場処分にならないんだ? 警告すら出ないなんて…」などの書き込みが殺到。矛先は審判団にも向けられており、「レフェリーたちはビデオで何を見ていたんだ? (映画の)サウンド・オブ・ミュージックでも見ていたのか?」「審判団はアーセナルが嫌いか、アジア人を差別しているのではないか。命に関わる危険な行為だ」などと怒りをぶつけている。

zakスペシャル

ランキング

  1. 韓国の半導体“衰退危機” 素材・部品など日本頼みが致命的 経済成長率も日本下回る予測 生き残るには米中間「二股外交」か

  2. 息切れ、強い倦怠感、ブレイクフォグ「ワクチン後遺症」に苦しむ人たち

  3. 〝二刀流〟に挑む日テレ・桝アナ、40歳で大学研究員に転身の思い 「よりよい科学の伝え方についてもっと深く考えて…」 後輩・水卜アナもエール

  4. SNSを一斉削除、酒井法子に不穏な空気 「新事務所の立ち上げによる出直し」との報道も

  5. 日米、沖縄南方で異例の大規模共同訓練の狙いとは 中国や北朝鮮の軍事的覇権拡大の姿勢に警戒か 識者「演習が有事のテストになる」

  6. 「重点措置」適用拡大、2年前から代わり映えしない対策…「日本は『ウィズコロナ』『ポストコロナ』のビジョンが希薄すぎる」 村中璃子氏が苦言

  7. レコード人気じわり復活 生産10倍、デジタルと共存 「聴くための〝手間〟に魅力を感じる人が増えたのではないか」

  8. 霜降り明星・せいやの物議を呼ぶ破局発言 3時のヒロイン福田との交際報道に事務所〝過剰反応〟でさらに波紋か

  9. 池袋ホテル82歳男性刺殺事件 容疑者の女「路上で声掛けてホテルに行った」 「パパ活していた」との供述も

  10. 13場所ぶり3度目Vの御嶽海、母・マルガリータさんはツイッターでトレンド入り! 歓喜の場面が映し出されて…解説の北の富士勝昭氏「お母さんのファンです」