冨安の顔面を“踏みつけ“…現地SNSで物議「顔の位置を確認してから“着地”」「トミヤスがスパイクに頭突きしたんだ」「VARでの判断は困難」2/2ページ

一方で「踏んだ時にトミヤスのことは見ていない。まったく反対側にあるボールのほうを見ているだろ」とゴッドフリーを擁護するコメントも多数。なかには「トミヤスが地面とゴッドフリーの足の間に意図的に顔を入れたんだ」「トミヤスがゴッドフリーのスパイクに頭突きしたんだろ」といった変わった意見も寄せられた。

VARを用いた判定については「オフサイドの確認と違い、このような接触プレーをビデオで判断するのはときに困難だ」「退場行為だとは思うが、VARで意図的か判断するのは難しい」といったコメントも多い。なかには「主審がマイク・ディーンなら仕方ない」「マイク・ディーンに何を期待してるんだ」といった声も書き込まれていた。

なお、試合はホームのエバートンが2-1でアーセナルに逆転勝利。冨安はフル出場した。(zakzak編集部)

zakスペシャル

ランキング

  1. 「ポスト習」に3人浮上 中国SNSで〝退陣説〟の怪情報 米中摩擦やコロナ拡大の多事多難 共産党内の一強状態が崩壊か

  2. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  3. 「一生、上に行けない!」清宮のミスに新庄ビッグボスが激怒 誕生日にヒーローになるはずが…「重盗失敗」に指揮官ブチ切れ

  4. 取り戻した4300万円、凄腕町側弁護士の裏技 捜査の手が及ばないよう〝手切れ金〟として全額返金された可能性も 誤送金問題

  5. 偽オーディションでキス強要、逮捕の無名監督が事件に使った卑劣な脚本

  6. 迫る「22歳定年」ジャニーズタレントの岐路 Sexy Zone・マリウス葉の活動休止、制度に触発か 「ビジネスの勉強」など一部報道も

  7. 大騒動招いた田口容疑者の心変わり 4630万円誤送金、返金断固拒否に至った背景を心理学者が分析「銀行への移動時間が長すぎた」

  8. 「プーチン大統領は来年引退」英MI6元長官が発言「療養所に入所」の見通し 元情報部員も健康不安説に言及、クレムリン「不安定になっている」

  9. 消えたはずの「日の丸」が映画本編で復活 27日公開「トップガン」続編 予告編ではトム・クルーズのジャケットが別マークに修正も

  10. 「ゼレンスキーです」玉城沖縄知事が冗談 不真面目との批判に「不用意な発言」として同日中に陳謝