外壁や網戸・庭の掃除を楽にしてくれる便利グッズ1/1ページ

外壁や網戸掃除、庭の手入れなどを楽にしてくれるおすすめグッズ
外壁や網戸掃除、庭の手入れなどを楽にしてくれるおすすめグッズ

年末の大掃除に向けて、準備は始めていますか?チェックリストを作り、スケジュールを立てて少しずつ実施するという計画的な方もいますが、忙しくてなかなかそうもいかないという方も多いのではないでしょうか。大掃除の基本は「内から外、上から下」と言われており、室外の掃除は後回しにされがち。特に外壁や庭の掃除は、時間も手間もかかるため、なかなかやる気がおきないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、外壁や網戸、庭など室外の手入れを楽にしてくれる、おすすめの掃除グッズをご紹介します。


高圧洗浄機がなくても大丈夫!サッシや外壁、車の洗浄にも便利

ゴトウ ジェット放水ノズル 3,080円(税込)

人気の電動高圧洗浄機はとても高価で手を出しにくいという方におすすめのジェット放水ノズルです。今お使いの散水ホースの先端を本品に付け替えるだけ。また、先端のノズルパーツを替えることで、ストレート放水と扇状放水の使い分けが可能です。

遠くまで放水できるので、外壁などの高所掃除も楽らく。サッシや車のタイヤ周りなど、手間のかかる場所も水圧で一気に洗浄できます。


水道がない場所でも水掃除ができる

マルハチ産業 お掃除用ポンプ式水圧クリーナー 4,378円(税込)

水を入れてポンプレバーで空気を圧縮すると、ノズルから勢いよく水が出てくる蓄圧式のクリーナーです。電源や電池が不要なため、コードレスでいつでもどこでも使えます。タンク容量は7リットル。女性でも使いやすい大きさで、持ち運びに便利な肩掛けベルト付きです。

シャワーヘッドの他にブラシにも付け替えが可能。ブラシから直接水が出るので、洗いながら汚れを落としたい網戸掃除などにおすすめです。マンションのベランダ、玄関先、洗車以外にも、植木の水やりやお墓のお掃除など幅広く活躍します。


セメントやモルタルのひび割れを簡単補修

日本ミラコン産業 セメントスプレーセット 5,280円(税込・送料無料)

セメントやモルタルの塀や外壁などは、どうしてもヒビが入ってしまいます。少しのヒビ割れなら、このセメントスプレーで簡単に補修してしまいましょう。セメントと違い水で練る必要がなく、スプレーするだけ。ブロック塀などの落書き消しとしても活躍します。

仕上がりはグレーで、塗膜の厚さはスプレーをする時間により調節できます。セメントスプレー1本で幅約5mm、長さ約3mの補修が可能です。


粗大ごみをコンパクトに解体 ゴミ処理代の節約に

ゴトウ 解体のこぎり ニュースパッとソー 2,178円(税込)

外の物置やベランダに、いつか出そうとそのままになっている粗大ごみはありませんか。捨てるのにお金がかかる粗大ごみも、解体することで普通のゴミとして出すことができ、ゴミ処理代の節約になります。「ニュースパッとソー」は、ステンレスの物干し竿、カーペット、衣装ケースなどのプラスチック、木材といったさまざまな材質の物を切ることができます。年末の大掃除の際に、粗大ごみも解体してスッキリしましょう。


充電式・コードレスタイプの軽量草刈り機

ヤードフォース 軽量コードレス高枝生垣・草刈バリカン 14,960円(税込・送料無料)

場所を選ばず作業ができるコードレスタイプ。先端の角度を調整したりポールの長さを変えることができるため、伸びた生垣の整枝や高枝の剪定、芝刈りもこれ1台でOK。延長ポールをつけても約1.7kgと軽量なので、高い所から低い所、側面も楽にカットできます。ハイパワー12Vのリチウムイオンバッテリーを内蔵しており、1度の充電で約45分連続運転が可能です。


様々な生え方の草も楽にとれる 関の刃物の除草グッズ

兼松工業 T型草取り鎌 1,980円(税込)

家周りの雑草除去は、成長が鈍化している冬にやるのがおすすめですが、冬でも生き残っている雑草は根が深く、簡単に抜くためには道具がポイントになってきます。「T型草取り鎌」は、これ1つで隙間にある草や地面を這う草、茎の太い草など様々な草を楽に取り除くことができます。切れ味がよく丈夫な関の刃物です。

価格はすべて税込み、5,000円以上の購入で送料無料。価格や仕様などの情報はすべて掲載時のものです。産経ネットショップのご利用が初めての方が新規会員登録をすると、500円オフクーポンが使えるのでお得になります。<産経ネットショップ>

zakスペシャル

ランキング

  1. 韓国の半導体“衰退危機” 素材・部品など日本頼みが致命的 経済成長率も日本下回る予測 生き残るには米中間「二股外交」か

  2. 息切れ、強い倦怠感、ブレイクフォグ「ワクチン後遺症」に苦しむ人たち

  3. 〝二刀流〟に挑む日テレ・桝アナ、40歳で大学研究員に転身の思い 「よりよい科学の伝え方についてもっと深く考えて…」 後輩・水卜アナもエール

  4. SNSを一斉削除、酒井法子に不穏な空気 「新事務所の立ち上げによる出直し」との報道も

  5. レコード人気じわり復活 生産10倍、デジタルと共存 「聴くための〝手間〟に魅力を感じる人が増えたのではないか」

  6. 日米、沖縄南方で異例の大規模共同訓練の狙いとは 中国や北朝鮮の軍事的覇権拡大の姿勢に警戒か 識者「演習が有事のテストになる」

  7. 池袋ホテル82歳男性刺殺事件 容疑者の女「路上で声掛けてホテルに行った」 「パパ活していた」との供述も

  8. 「重点措置」適用拡大、2年前から代わり映えしない対策…「日本は『ウィズコロナ』『ポストコロナ』のビジョンが希薄すぎる」 村中璃子氏が苦言

  9. 13場所ぶり3度目Vの御嶽海、母・マルガリータさんはツイッターでトレンド入り! 歓喜の場面が映し出されて…解説の北の富士勝昭氏「お母さんのファンです」

  10. 【トラとら虎】崖っぷち大山悠輔内野手の決意「どこでも守る!!」 背景に昨年の不振、横たわる4番失格