今から始めよう!70代まで働く健康術

寒くなると増える運動不足と暴飲暴食で「心筋梗塞や脳卒中のリスク」  不足しがちなビタミンDを補おう1/2ページ

茂出木成幸客員准教授
茂出木成幸客員准教授

寒くなると、健康のためのウオーキングも気が重い。なるべく暖かい部屋でヌクヌクと過ごしたいが、運動不足は不健康につながるのは周知のこと。それに拍車をかけるのが、忘年会などでの暴飲暴食だ。

「コロナ自粛やリモートワークの運動不足などで、筋力が低下した人が暴飲暴食を行うと、脂肪肝や2型糖尿病などの生活習慣病を引きこしやすく、心筋梗塞や脳卒中のリスクが上がります。運動不足の方は注意していただきたいと思います」

こう話すのは、東海大学東京病院客員准教授の茂出木成幸医師(櫻澤医院院長)=写真。肝臓病の専門医で、同病院の人間ドック・抗加齢ドックの診断・指導を行い、コロナ自粛で生活習慣病が悪化した人も数多く診ている。

「筋力低下の状態で、いつもより多い量の飲食をすることはよくありません。短期間でも脂肪肝や2型糖尿病を引き起こすリスクがあるのです」

筋肉は脂肪を燃焼するため、筋肉量が少ないとエネルギー消費されにくくなり、余分な脂肪がたまる。肝臓に脂肪がたまると脂肪肝になるのだ。一方、脂肪が増えると脂肪細胞が変性し、アディポネクチンという善玉ホルモンの分泌量が減ってしまう。これがよくない。

「アディポネクチンは、血糖値をコントロールするインスリンの効きをよくし、動脈硬化予防など健康や長寿に役立つ作用を持っています。アディポネクチンが減ると2型糖尿病や高血圧を起こしやすくなるのです」

暴飲暴食による脂肪肝は、肝がんへつながることを前回紹介した。脂肪肝に加え、脂肪細胞が変性すると生活習慣病が促進されることで、動脈硬化が進行して心筋梗塞や脳卒中のリスクが上がる。やはり、運動不足はよくない。加えて、冬場は筋肉に悪影響を及ぼす季節ならではの要因もある。

zakスペシャル

ランキング

  1. 現場は〝悲鳴〟ワクチン追加接種遅れ 対象者のわずか16%…国の初動や情報の遅れ 「岸田政権の失策、感染拡大する一方」八幡和郎氏

  2. 27年の歴史に幕、NHK「ガッテン!」で気になる小野文惠アナの去就 25年間の東京勤務に不満の声も…紅白に続く〝若返り〟策か

  3. 【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】岸田首相は慰安婦問題から何を学んだのか? 韓国の主張を完全論破すべし! 佐渡金山を堂々とユネスコに推薦せよ

  4. 【これだけは押さえておきたい鎌倉殿の13人】源頼朝(大泉洋) 政子を魅了し、亀を妾に 〝ガッキーを泣かせる〟困った女癖

  5. 【最新国防ファイル】きな臭いアジア情勢で深化する陸自と米軍の絆 「空挺降下訓練」の拡大でさらに拍車

  6. 日テレ・尾崎アナ、トレーニングで体幹ガッチリ! シェイプアップでぽっちゃり卒業、ふらふらもしません

  7. 【プロ野球実況中継】DeNA移籍の大田、ハマスタで新たなヒーローになれ! 打つだけでなく守備力と走力も魅力、30歳でも身体のキレ変わらず

  8. 「笑点」存続のピンチ!三遊亭円楽が脳梗塞で緊急入院 命に別条なしも仕事の復帰は未定 春風亭昇太、林家たい平はコロナ感染

  9. 大関昇進会見に異例同席、御嶽海の母マルガリータさん 注目度の高さは息子以上!? NHKアナも質問、ファン期待に応える好判断

  10. 【これだけは押さえておきたい鎌倉殿の13人】平清盛と後白河法皇(松平健と西田敏行) 名優2人の“腹黒”演技から目が離せない