SPORTS BAR

ゴルフ編 来年のマスターズは松山、金谷、アマ中島が出場か…盛り上がるゾ⁉1/1ページ

6日に都内でジャパンゴルフツアー表彰式に出席した金谷
6日に都内でジャパンゴルフツアー表彰式に出席した金谷
その他の写真を見る (1/3枚)

前週の男子ゴルフ最終戦の日本シリーズJTカップ(東京)を見た。最近は女子取材が多かったが男子の迫力は違う。打球の音が違う。弾道が違う。スピードが違う。ピンをデッドに攻めるショットの精度、テクニック…。久しぶりに〝本物のゴルフ〟を楽しんだ。

賞金王はC・キム(米国)。逆転賞金王を狙った金谷拓実(23)は賞金レースでは残念ながら2位に終わったが、単独3位に入り直近の世界ランキングで49位にランクイン。来年のマスターズ、全英オープン出場資格への目安である50位以内に入った。年末までこの位置以内なら出場が確定する。朗報です。

「最後はそこは意識してプレーした」という金谷の世界への思いは強い。ツアー3勝(アマ時代含む)。今年5月から約2カ月、「全米プロ」「全英オープン」など5試合転戦するも跳ね返された。「思った以上にレベルが高かった。でも来年こそ軸足を海外にするきっかけをつかみたい」。金谷の決意である。

優勝(ツアー16勝)した43歳、谷原秀人も海外推進論者である。かつて予選会から挑戦して米ツアーで戦った。2017年から19年まで3年間、欧州ツアーも経験した。

「日本だけにいれば、楽しいし楽だよ。でもレベルの高いところでやりたい。チャンスをつかむのも自分、なかなか成績を残せないのも自分…。いい選手の中でうまくなりたい思いだね」

この1カ月で2勝した谷原は、直近ランクで130位まで急上昇。「まだ思いは捨ててないよ」と〝不惑〟となったいまも海外への思いが衰えない。だから強くなれる⁈

ともあれ金谷が〝仮内定〟。世界アマチュアランキング1位の中島啓太(21)は、すでに来年のマスターズなど海外メジャーの出場資格を持つ。来年は覇者・松山英樹(29)を含め3人がマスターズ出場⁈ 盛り上がるゾ。こんな挑戦者たちがもっと増えてほしいですネ。

目下、女子は渋野日向子(23)、古江彩佳(21)が米ツアー参戦を目指して予選会に挑戦中だが、男子にも注目したいです。 (産経新聞特別記者・清水満)

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「政界屈指の親中派」林外相の留任は地雷か 岸田首相が茂木氏らと人事協議 識者「適任でない」「保守層離れる」

  2. 高市氏の防衛相が浮上 内閣改造、林外相留任で「親中派内閣」の懸念 旧統一教会との関係、局面転換を狙う官僚の処遇にも注目

  3. 岸田文雄首相「急転直下の内閣改造」で焦点になる「旧統一教会と関係深い安倍派」の処遇

  4. 【心肺停止の中国】半導体最大手・TSMCをそっくり強奪 ウクライナと異なる台湾侵攻 戦える?実戦経験ない中国兵と「ゼレンスキー効果」で士気高まる台湾人

  5. 米国で一斉「中国スパイ狩り」 FRBも標的、工作員とつながる13人を特定 「対日諜報活動も高まる可能性」石平氏

  6. 【マンション業界の秘密】米中韓で不動産価格が下落、日本は? 日銀がかたくなに「異次元金融緩和」を維持する理由

  7. 【スクープ最前線】中国が震撼、暗殺事件に潜む〝闇〟安倍氏の不可解な死とペロシ氏の「訪台計画」 各国情報当局も疑念、岸田政権は「真実」公開するか

  8. 中国、台湾周辺での大規模演習終える ペロシ米下院議長の訪台に反発 尖閣周辺でも領海侵入…エスカレートする威嚇行動

  9. 【実況・小野塚康之 時代を越える名調子】夏の甲子園観戦記 注目の投手対決 近江vs鳴門 崩れた近江の強み〝堅守〟救う山田の三振モード・ギアチェンジ!

  10. 【心肺停止の中国】中国経済の〝ゾンビ状態〟さらに悪化 若者の失業率40%超、住宅ローンの債務残高960兆円 地方のショッピングモールでは売り子があくび

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ