外食・コンビニ健康法

塩分接種が増える忘年会の季節に 自然と水分摂取でき、体のむくみ予防 「すこやかりんご 0kcal」1/2ページ

『すこやかりんご 0kcal』(提供写真)
『すこやかりんご 0kcal』(提供写真)

12月に入り、忘年会や飲み会などが増えていく時期です。今年は昨年に比べ、こうした集まりが増えているようです。

気をつけなくてはいけないのは、この時期のカロリー過多や、アルコール量の増加は体重の増加につながるということです。一気に気温が下がる12月は、活動量が大きく減ります。外に出るのがおっくうになり、散歩やランニングの回数も減り、エネルギー消費量が減るのに摂取するカロリーは増加します。そして、摂取と消費のバランスが崩れ、体重増加につながるわけです。

クリスマスがきて、年末、大みそか、お正月を過ぎる頃には、カラダの重さとだるさに後悔の念が生まれてしまうかもしれません。

12月に体重増加を防止するための対策として、やっておきたいことがひとつあります。それは「むくみを予防すること」です。むくみの原因は、「塩分の多い食事」「水分不足」「血流の悪さ」などがあります。

外食の機会が増加して、アルコールのつまみのようなものが増えると、塩分摂取も増えます。浸透圧のバランスを取るために、体内の水分量が増加し、むくみにつながるため、ナトリウムを排泄(はいせつ)するカリウム摂取が必要です。このカリウムは生野菜や果物に多く含まれていますので、意識的に食べるようにしましょう。

zakスペシャル

ランキング

  1. 渋野日向子、米ゴルフツアー出場は3戦目「ドライブオン選手権」か?

  2. 「南海トラフ」の前兆か 未明の大分、宮崎を襲った震度5強 列島周辺で頻発する強い揺れ「すでに始まっているといってよい」識者

  3. 小池栄子にじみでる女優の矜持、大河「鎌倉殿」で〝裏主演〟 ガッキーとのアップ合戦でも凛とした美しさ放つ

  4. 【日本の解き方】国会で見送られる重要法案 参院選まで「紛糾しそうなものを回避」慎重すぎる姿勢

  5. 迷走するオミクロン対応 「若者の検査・診断スルー」で混乱に拍車 「国と尾身先生、分科会で整合性取って」小池都知事も不快感

  6. 【大前研一のニュース時評】切れ味の鈍さ感じる「22年世界の10大リスク」 4位は中国内政「恐怖のネット企業統制」…最大のリスクは?

  7. 文大統領の「竹島」ギフト、日本受け取り拒否 韓国政府に強く抗議 旧正月の慣例として相星孝一大使宛てに送付

  8. 【艶グラドル】志田音々、盛りだくさんトレカぜひ集めてネ! セクシーポイントは「鎖骨にあるホクロ」

  9. 飲食店社長が激白、自治体要請の〝矛盾〟「休業要請の有無によって業績に大きな開き…本来あるべき姿ではない」 「地方への支援金」の拡充を

  10. 【アイドルSEXY列伝】国分佐智子、落語界イチの美人妻は「別格の華」 林家三平は妻と子のためにも奮闘を