オリックスが警戒する新庄ビッグボスの眼力 今年のトライアウトは“選ぶ側” ド派手の裏に堅実な野球観1/2ページ

トライアウトで見られる側から、1年後にまさかの見る側へ。新庄監督は独特なチェックポイントで選手を観察した=8日、メットライフドーム
トライアウトで見られる側から、1年後にまさかの見る側へ。新庄監督は独特なチェックポイントで選手を観察した=8日、メットライフドーム
その他の写真を見る (1/2枚)

日本ハム・新庄剛志監督(49)が8日、「12球団合同トライアウト」(メットライフ)を稲葉篤紀GM(49)とともに視察。来季6年ぶりのリーグVを目指す戦列に加えたい掘り出し物を求め、「少しでもいいところを見てやりたい」と独自の視点からくまなくチェックした。その眼力には早くも、今季パ・リーグを制したオリックスから警戒の声が上がっている。 (山戸英州)

「去年、僕がトライアウト受けていま監督ですから。必ず今日、見に行きたかった。新庄剛志は野球がホント好きなんだよというアピールから始まり、最初は選手兼コーチで監督を目指そうと思ったら、すぐなっちゃった。不思議だなあ」

選ばれる側から選ぶ側に立場を180度変え、午前10時半から休憩を挟んで約3時間半。白いコートに身を包み、バックネット裏から参加33選手の動きを確認した。

「僕は案を言ってるね。見る目はGMの方がある。細かいところまで見てますよ」と謙遜も着眼点は細かく、「結果はどうでもいい」とプロセスにこだわる。外野守備なら打球が飛ぶ前に1歩目のスタートを切れるか。走塁ならフライを打っても二塁到達までの速さ。投手は「自分が打席に入ったときに、どうタイミングを崩されるか」を基準にチェックした。

さらに、選手たちのアピールの姿勢にも「もったいない」と注文。「ずっとベンチに座らず、いろんなポジションを守って。準備運動でも足の回転がよければ『面白い』となる。キャッチボールでもレフト、ライト間の遠投ひとつで『おぉ!』となる。照れ隠しがあるのかな」。戦力外の身ならもっとがむしゃらに、試合形式の出番以外でもなりふり構わず、自己発信してほしかったのだ。

zakスペシャル

ランキング

  1. 渋野日向子、米ゴルフツアー出場は3戦目「ドライブオン選手権」か?

  2. 「南海トラフ」の前兆か 未明の大分、宮崎を襲った震度5強 列島周辺で頻発する強い揺れ「すでに始まっているといってよい」識者

  3. 小池栄子にじみでる女優の矜持、大河「鎌倉殿」で〝裏主演〟 ガッキーとのアップ合戦でも凛とした美しさ放つ

  4. 【日本の解き方】国会で見送られる重要法案 参院選まで「紛糾しそうなものを回避」慎重すぎる姿勢

  5. 迷走するオミクロン対応 「若者の検査・診断スルー」で混乱に拍車 「国と尾身先生、分科会で整合性取って」小池都知事も不快感

  6. 【大前研一のニュース時評】切れ味の鈍さ感じる「22年世界の10大リスク」 4位は中国内政「恐怖のネット企業統制」…最大のリスクは?

  7. 文大統領の「竹島」ギフト、日本受け取り拒否 韓国政府に強く抗議 旧正月の慣例として相星孝一大使宛てに送付

  8. 【艶グラドル】志田音々、盛りだくさんトレカぜひ集めてネ! セクシーポイントは「鎖骨にあるホクロ」

  9. 飲食店社長が激白、自治体要請の〝矛盾〟「休業要請の有無によって業績に大きな開き…本来あるべき姿ではない」 「地方への支援金」の拡充を

  10. 【菅原大地のサイコースイング】スイング作りの練習とショット練習は分けて考える