宝田もなみ バイブスあがってる?

宇宙の憧れから始まった「トンデモ陰謀論」への興味 分からないことを好き勝手想像するのは楽しい1/2ページ

宝田もなみ
宝田もなみ

前澤さんがとうとう宇宙へ飛び立ったというニュースを見たが、私は日々地球のあらゆる重力、たとえば面倒な人間関係、払わなければいけない税金年金保険料、女は若さと可愛さが正義のこの世界、生きているだけで降りかかるそれらに押し潰されそうになりながら何とか日銭を稼いで生きている。こんな自分には宇宙旅行なんてもちろん夢のまた夢の話だが、子供の頃は民間人の宇宙旅行なんて遠い未来の話だと思っていたからそう思うと物凄いスピードで宇宙開発は進んでいる。宇宙飛行士は子供の将来の夢の鉄板だったが、宇宙に行きたいだけなら実業家や投資家になって大金持ちになることを目指した方がいいかもしれない。

私自身は宇宙に行きたいという強い願望はないのだけれど、宇宙にはただひたすら憧れがある。SF映画や陰謀論の見すぎで、宇宙のどこかのワームホールを通じてやってきた異星人が本当は地球にいるかもしれないし、月の裏側には私たちが知り得ない秘密が隠されているかもしれないと本気で思っている。今この瞬間にモノリスが宇宙の彼方を彷徨っているかもだし、一部の地球人は実は異星人とコンタクトをとっていて、色んなデータが送られているかもしれない。何も分かっていないことを好き勝手想像するのは自由だから楽しい。ちなみに私はあらゆるSFや陰謀論やスピリチュアル界隈の人が言っていることを理解したくて一年くらい前に天文宇宙検定3級という資格を取ってみたけれど、日常生活で役に立ったことは今のところほとんどない。

zakスペシャル

ランキング

  1. 「南海トラフ」の前兆か 未明の大分、宮崎を襲った震度5強 列島周辺で頻発する強い揺れ「すでに始まっているといってよい」識者

  2. 渋野日向子、米ゴルフツアー出場は3戦目「ドライブオン選手権」か?

  3. 小池栄子にじみでる女優の矜持、大河「鎌倉殿」で〝裏主演〟 ガッキーとのアップ合戦でも凛とした美しさ放つ

  4. 【日本の解き方】国会で見送られる重要法案 参院選まで「紛糾しそうなものを回避」慎重すぎる姿勢

  5. 迷走するオミクロン対応 「若者の検査・診断スルー」で混乱に拍車 「国と尾身先生、分科会で整合性取って」小池都知事も不快感

  6. 【大前研一のニュース時評】切れ味の鈍さ感じる「22年世界の10大リスク」 4位は中国内政「恐怖のネット企業統制」…最大のリスクは?

  7. 【艶グラドル】志田音々、盛りだくさんトレカぜひ集めてネ! セクシーポイントは「鎖骨にあるホクロ」

  8. 文大統領の「竹島」ギフト、日本受け取り拒否 韓国政府に強く抗議 旧正月の慣例として相星孝一大使宛てに送付

  9. 【菅原大地のサイコースイング】スイング作りの練習とショット練習は分けて考える

  10. 安倍氏・高市氏ら猛反発!佐渡金山の世界遺産推薦見送り 「日本には後ろめたいことがある」世界に間違った印象も 「岸田政権は韓国の術中にハマった」識者