マンガ探偵局がゆく

コロナに負けない強い医者を探せ! 野獣の肉体と天才の頭脳を持つ『スーパードクターK』1/2ページ

『スーパードクターK』の講談社少年マガジンコミック版(提供写真)
『スーパードクターK』の講談社少年マガジンコミック版(提供写真)

今回の依頼人は、最年少かも知れない。

「友だちのおとうさんがコロナで入院しました。うつるといけないとママがおこるので、しばらくその子とあそべなくなってしまいました。コロナは大キライです。マンガの中に、コロナをやっつけてくれるようなめちゃくちゃ強いお医者さんはいませんか。いたらおしえてください」(たっくん・小学生)

たっくんに紹介するため、1988年から96年まで『週刊少年マガジン』に連載された真船一雄の『スーパードクターK』を選んでみた。

主人公の西城KAZUYAは、帝都大学医学部を首席で卒業した世界的な外科医。しかしある日、こつ然と姿を消し、数年後、マントを羽織った謎の医師・スーパードクターKとしてその姿を現した。マントの下には強靱な肉体が隠され、一度メスを持てば神業ともいえるメスさばきで奇跡を巻き起こす。人は彼を「野獣の肉体に天才の頭脳――そして神技のメスを持つ男」と呼ぶ。

シニア世代の読者には『北斗の拳』のケンシロウの肉体に『ブラック・ジャック』の神の手と言ったほうがわかりやすいかもしれない。

Kが生まれた西城家は、ずば抜けた医療技術を代々受け継いできた家系。時の権力者は、西城家の知識を利用し不老不死の体を手に入れようと企て、従わない場合は命を狙った。そのため、Kの先祖たちは、表の社会からは身を隠し、医者の仕事を続けてきたのだ。

優れた医者だった父・一堡(かずおき)から医療技術を叩き込まれたKも18歳で、患者の止血縫合を成功させるほどの腕前になっていた。

zakスペシャル

ランキング

  1. 対中非難決議、五輪前に出せるのか? 茂木氏「今国会で成立できる」と言及も… 石平氏「日本の人権感覚が問われる」

  2. 【スポーツ随想】鉄人・玉鷲が金星も素直に喜べぬ大相撲の〝お寒い現状〟 朝乃山再浮上のころには横綱、大関不在⁉

  3. 感染過去最多も「緊急事態宣言」〝回避可能〟 医療関係者見解「治療薬に効果」「医療逼迫ないかも」 「第6波」で1都12県に「重点措置」

  4. なぜポテトはSのままなのか 日本の港がコンテナ船にスルーされる現実も

  5. 【サクラと星条旗】カルロス・ゴーン事件から3年…日本に〝幽閉〟された元側近 孫にも会えず、米国では「日本でビジネスするなら気をつけろ」、釈放求める声も 3月3日判決

  6. 異例の発表、米原潜「ネバダ」のグアム寄港 中国・北朝鮮を牽制 米CNN報道

  7. 【日本の解き方】不安な政府のオミクロン対策…「柔軟な対応」強調するが、先読まず場当たり対応目立つ 菅政権より仕事をしていない

  8. 自衛隊幹部の「画像流出騒動」で危ぶまれるセキュリティ問題

  9. 消えぬハッキング疑惑、中国習政権に各国〝総スカン〟 北京五輪開幕前に欧米は個人用スマホ持ち込み手控え 識者「帰国後の使用継続は危険」

  10. 前澤友作氏に“新恋人” お相手は16歳差のドラマー梅村妃奈子 昨年4月に剛力彩芽と破局