日大、田中容疑者を「永久追放」できるか 「再生会議」設置、体制一新強調も…元幹部「朝令暮改許されぬ」1/2ページ

加藤学長はようやく会見を開き、「脱田中」を表明したが…
加藤学長はようやく会見を開き、「脱田中」を表明したが…
その他の写真を見る (1/2枚)

日本大学前理事長の田中英寿容疑者(75)が所得税法違反容疑で逮捕されたことなどを受け、理事長を兼務する加藤直人学長(70)らが10日、大学本部で記者会見を行った。田中容疑者と「永久に決別」し、体制一新を強調した執行部だが、「日大のドン」が東京地検特捜部に身柄を取られてようやく動き出したのが現実で、記者会見の実施も遅きに失した感は否めない。「脱田中」は実現できるのか。

特捜部が背任事件で9月に強制捜査に入ってから約3カ月、日大が公の場で説明するのは初めてとなった。加藤氏は、田中容疑者に役員報酬や退職慰労金を支給しないとしたほか、背任事件の舞台となった関連会社「日本大学事業部」を清算する方向で、外部有識者を中心とする「再生会議」を立ち上げるとした。

再発防止策を含めた最終報告書を来年2月にもまとめる方針で、背任罪で起訴された元理事の井ノ口忠男被告(64)への損害賠償請求も検討している。

報道陣からは田中容疑者の権力の背景に関する質問が飛び交ったが、加藤氏は「理事の選任についてある程度、権限を持たれていた」と説明。一方で「私には全て敬語で対応いただいたし、強圧的な指示はあまり受けたことはない」とする発言も出た。田中容疑者が逮捕されていなかったら、排除できていなかったことを認めるなど、特捜部頼みの構図も浮き彫りになった。

zakスペシャル

ランキング

  1. 「南海トラフ」の前兆か 未明の大分、宮崎を襲った震度5強 列島周辺で頻発する強い揺れ「すでに始まっているといってよい」識者

  2. 渋野日向子、米ゴルフツアー出場は3戦目「ドライブオン選手権」か?

  3. 小池栄子にじみでる女優の矜持、大河「鎌倉殿」で〝裏主演〟 ガッキーとのアップ合戦でも凛とした美しさ放つ

  4. 【日本の解き方】国会で見送られる重要法案 参院選まで「紛糾しそうなものを回避」慎重すぎる姿勢

  5. 迷走するオミクロン対応 「若者の検査・診断スルー」で混乱に拍車 「国と尾身先生、分科会で整合性取って」小池都知事も不快感

  6. 文大統領の「竹島」ギフト、日本受け取り拒否 韓国政府に強く抗議 旧正月の慣例として相星孝一大使宛てに送付

  7. 【大前研一のニュース時評】切れ味の鈍さ感じる「22年世界の10大リスク」 4位は中国内政「恐怖のネット企業統制」…最大のリスクは?

  8. 【艶グラドル】志田音々、盛りだくさんトレカぜひ集めてネ! セクシーポイントは「鎖骨にあるホクロ」

  9. 盛られた苦労話…宮迫博之〝黒幕〟発覚でネット民ドン引き 焼き肉店の開店めぐり「ネタ」とは受けとめず「嘘」とみる反応も

  10. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」