夕刊フジの礎築いた元ヤクルト・片岡宏雄スカウト死去 今季日本一監督の高津臣吾氏、定説破った古田敦也氏ら担当1/2ページ

仮契約を済ませた古田(左)と片岡スカウト部長=1989年12月、東京・新橋第一ホテル
仮契約を済ませた古田(左)と片岡スカウト部長=1989年12月、東京・新橋第一ホテル

プロ野球選手から転身して夕刊フジ創刊時には運動部記者を務め、スカウトとして復帰したヤクルトでも数々の名選手を発掘した片岡宏雄氏が、6日に千葉・船橋市内で老衰のため85歳で死去。11日に家族葬が執り行われた。

浪華商(現大体大浪商)の捕手として甲子園に3度出場し、2年時の1953年選抜準優勝。立大では1年先輩の長嶋茂雄らと黄金時代を築いた。59年中日に入団し、61年国鉄(現ヤクルト)移籍。63年限りで現役を退くと同年末、兄が大阪本社勤務だった縁で産経新聞社に入社。69年には夕刊フジに旗揚げメンバーとして加わった。

同年夏の甲子園決勝は松山商対三沢の球史に残る大熱戦。同点の延長15回裏1死満塁で松山商・井上明投手がカウント3―1から投じた球は外角に外れたかに見えたが、郷司祐球審はストライクと判定した。同球審は松山商・一色俊作監督の明大時代の先輩で、片岡記者は「明大ストライク」と記事に書き大反響を呼んだ。忖度なしで本音を伝える、夕刊フジのスポーツ報道の礎となった。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【政界マル秘紳士録】菅義偉前首相 閣外から安倍氏の遺志を継ぐ覚悟 「『日本を、取り戻す』という原点を忘れない」

  2. 【艶グラドル】松井咲子〝ピアニスト美ボディー〟 セクシーポイントは「太ももにあるほくろ」 写真集「delusion」発売

  3. 開催国カタールがまた〝わがまま〟 サッカーW杯前代未聞の開幕1日前倒し 2度目の日程変更

  4. 小島瑠璃子、日本を飛び出し中国で再び“無双”返り咲きなるか 来年から語学留学、準備も着々

  5. 「一度締め直さなければならない」河野消費者担当相、霊感商法の検討会設置へ 旧統一教会問題で動き出し

  6. 【ニュースの核心】岸田首相らしい世論重視の〝豹変人事〟 「政界屈指の親中派」林氏の留任に疑問 浜田防衛相は防衛費増額で財務省の抵抗を破れ

  7. 【日本の解き方】企業の設備投資に悪い予感 懸念要因は日銀人事後の利上げと岸田政権のケチな補正予算

  8. 【列島エイリアンズ】訪日外国人編(2) 国策としての文化発信に劣る日本…コロナ禍で興味は『梨泰院クラス』の韓国へ

  9. 米国で一斉「中国スパイ狩り」 FRBも標的、工作員とつながる13人を特定 「対日諜報活動も高まる可能性」石平氏

  10. 【壇蜜のもっとハァハァしてる?】「きれいな体で…」高校卒業直前、忘れられない先生の一言

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ