大久保嘉人の気になる今後 「国内無冠」のまま現役引退だが… 会見では「まずはゴルフで90を切る」と笑わせる1/1ページ

最後まで貪欲にゴールを求めた=12日、埼玉スタジアム
最後まで貪欲にゴールを求めた=12日、埼玉スタジアム

サッカー天皇杯準決勝で12日、C大阪は浦和に0―2と完敗。今季限りでの現役引退を発表していた、元日本代表FW大久保嘉人(39)にとって無念のラストマッチとなった。

公式戦3試合連続先発となったこの日、前半に3度も決定機が訪れた。「チャンスはあったが届かなかった。悔しくもあり、楽しくもあり。悔しいですが、すっきりしました」。1点を追う後半19分、途中交代となると浦和サポーターからも大きな拍手が送られた。

21年間の現役生活で国内クラブでは無冠に終わったが、気になるのは今後だ。2015年から人気バンド、Mr.Childrenのマネジメント事務所に所属。タレント性もある。J1での191ゴール、イエローカード104枚ともリーグ歴代最多で、やんちゃなイメージが強いが、サッカー偏差値は極めて高い。

2010年W杯南アフリカ大会では、開幕直前に選手だけのミーティングで「きれいにパスだけまわしていちゃ、勝てるわけがない」と声高に主張。本番では大久保の希望通りの戦術に変更になり、惨敗必至の前評判だった岡田ジャパンはベスト16まで進出した。

引退会見では「まずはゴルフで90を切る」と笑わせていたが、日本サッカー界が決して手放してはいけない人材だ。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【政界マル秘紳士録】菅義偉前首相 閣外から安倍氏の遺志を継ぐ覚悟 「『日本を、取り戻す』という原点を忘れない」

  2. 【艶グラドル】松井咲子〝ピアニスト美ボディー〟 セクシーポイントは「太ももにあるほくろ」 写真集「delusion」発売

  3. 開催国カタールがまた〝わがまま〟 サッカーW杯前代未聞の開幕1日前倒し 2度目の日程変更

  4. 「一度締め直さなければならない」河野消費者担当相、霊感商法の検討会設置へ 旧統一教会問題で動き出し

  5. 小島瑠璃子、日本を飛び出し中国で再び“無双”返り咲きなるか 来年から語学留学、準備も着々

  6. 【ニュースの核心】岸田首相らしい世論重視の〝豹変人事〟 「政界屈指の親中派」林氏の留任に疑問 浜田防衛相は防衛費増額で財務省の抵抗を破れ

  7. 【列島エイリアンズ】訪日外国人編(2) 国策としての文化発信に劣る日本…コロナ禍で興味は『梨泰院クラス』の韓国へ

  8. 【日本の解き方】企業の設備投資に悪い予感 懸念要因は日銀人事後の利上げと岸田政権のケチな補正予算

  9. 米国で一斉「中国スパイ狩り」 FRBも標的、工作員とつながる13人を特定 「対日諜報活動も高まる可能性」石平氏

  10. 【壇蜜のもっとハァハァしてる?】「きれいな体で…」高校卒業直前、忘れられない先生の一言

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ