山崎拓氏の辻元清美氏応援「厳正な処分求めたい」 衆院選大阪10区自民・大隈和英氏が激白 「反党行為」党紀委員会で対応か1/1ページ

山崎拓氏
山崎拓氏
その他の写真を見る (1/3枚)

先の衆院選で、自民党の山崎拓元幹事長が、大阪10区(高槻市など)に立候補していた立憲民主党の辻元清美副代表を応援し、「反党行為」に問われた問題で、新たな展開だ。自民党の党紀委員会が13日にも開かれ、山崎氏への処分が決まりそうなのだ。同区に出馬した自民党の大隈和英前衆院議員に、山崎氏や党への思いを聞いた。

「選挙戦の終盤で、まさか野党の公認候補を応援するとは、誰が見てもこれ以上ない反党行為だ。党本部には、厳正な処分を求めたい」

大隈氏は夕刊フジの取材に、こう語った。

山崎氏は選挙終盤の10月27日に大阪入りし、辻元氏の応援弁士として街頭に立つと、「小選挙区は辻元清美、比例区は自民党だ。辻元清美が当選すれば日本の政治のためになる」と訴えた。

自社さ連立政権時代からの親交があるとはいえ、自民党公認の大隈氏の選挙を妨害し、敵に塩を送る行動である。

自民党府連は翌28日、党本部に山崎氏の「除名」を求めて上申した。

選挙で大隈氏は、辻元氏と日本維新の会の池下卓氏との三つどもえの戦いに敗れ、落選した。辻元氏も議員バッジを失った。

大隈氏は「ヤマタクさん(=山崎氏)の発言は、維新から『これだから自民党はダメなんだ』と、攻撃材料に使われた。大阪に限らず、近畿ブロック全体の自民党が影響を受け、厳しい状況に追い込まれた」「自民党では、後ろから鉄砲を撃つようなことは決してあってはならない。この点はヤマタクさんも自覚すべきではないか」と指摘した。

問題発言の後、山崎氏からは、大隈氏にも、同氏が所属する麻生派にも謝罪の連絡はないという。

大隈氏は「ヤマタクさんはかつての実力者で、党の功労者だとはいえ、タブーをつくってはならない。先の党総裁選でも、党改革を求める強い声が上がった。ここは、自民党の自浄作用が問われている」と語った。

zakスペシャル

ランキング

  1. 現場は〝悲鳴〟ワクチン追加接種遅れ 対象者のわずか16%…国の初動や情報の遅れ 「岸田政権の失策、感染拡大する一方」八幡和郎氏

  2. 27年の歴史に幕、NHK「ガッテン!」で気になる小野文惠アナの去就 25年間の東京勤務に不満の声も…紅白に続く〝若返り〟策か

  3. 【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】岸田首相は慰安婦問題から何を学んだのか? 韓国の主張を完全論破すべし! 佐渡金山を堂々とユネスコに推薦せよ

  4. 【これだけは押さえておきたい鎌倉殿の13人】源頼朝(大泉洋) 政子を魅了し、亀を妾に 〝ガッキーを泣かせる〟困った女癖

  5. 【最新国防ファイル】きな臭いアジア情勢で深化する陸自と米軍の絆 「空挺降下訓練」の拡大でさらに拍車

  6. 日テレ・尾崎アナ、トレーニングで体幹ガッチリ! シェイプアップでぽっちゃり卒業、ふらふらもしません

  7. 【プロ野球実況中継】DeNA移籍の大田、ハマスタで新たなヒーローになれ! 打つだけでなく守備力と走力も魅力、30歳でも身体のキレ変わらず

  8. 「笑点」存続のピンチ!三遊亭円楽が脳梗塞で緊急入院 命に別条なしも仕事の復帰は未定 春風亭昇太、林家たい平はコロナ感染

  9. 大関昇進会見に異例同席、御嶽海の母マルガリータさん 注目度の高さは息子以上!? NHKアナも質問、ファン期待に応える好判断

  10. 「億り人」ピンチ!?ビットコイン半値に下落 金融引き締め、規制強化で売り強まる