カズ獲りに動くJFL鈴鹿、元役員が〝片八百長指示〟を告発 昨年のソニー仙台戦「負け試合」命令か クラブ側は断固否定も2500万円支払う1/2ページ

横浜FCのシーズン終了セレモニーに出席したカズ(写真中央)。実兄の三浦泰年監督率いるJFL鈴鹿はじめ、複数クラブから移籍オファーが届いている=4日、ニッパツ三ツ沢球技場
横浜FCのシーズン終了セレモニーに出席したカズ(写真中央)。実兄の三浦泰年監督率いるJFL鈴鹿はじめ、複数クラブから移籍オファーが届いている=4日、ニッパツ三ツ沢球技場
その他の写真を見る (1/2枚)

J1横浜FCのFW三浦知良(54)に獲得オファーを出している、JFL(4部相当)鈴鹿ポイントゲッターズに〝片八百長〟の指示疑惑が浮上。鈴鹿の元執行役員、塩見大輔氏(41)が自身のツイッターで「カズ選手をここに入れてはいけない」と訴え、約1年前の昨季最終節でクラブ会長から「負け試合」を命じられたと告発した。対して鈴鹿側は「不正行為はなかった」と反論しつつも、塩見氏の要求に応じて2500万円を支払ったうえ、さらなる金銭を要求されていると暴露。クリーンさにかけては世界随一とされてきた日本サッカー界にとって、前例のない汚点となりかねない事態だ。

三重県鈴鹿市を本拠地とするクラブは、2019年にJFLに昇格するとスペイン人女性のミラ氏を監督に抜擢。ポイント事業を手掛ける企業とのスポンサー契約を機に翌20年、愛称を「アンリミテッド」から「ポイントゲッターズ」に変更するなど、これまでもピッチの内外で話題を振りまいてきた。

今年は2月にJリーグ準加盟にあたる「Jリーグ百年構想クラブ」に認定されたものの、シーズン途中の7月にミラ監督が退任。代わってカズの実兄、三浦泰年監督兼GMが就任した。9月にはJ3昇格に必要なライセンスが交付され、最終順位も4位まで立て直したものの、J3への昇格は持ち越された。

来季の悲願達成へ、補強の目玉としてカズにラブコールを送るクラブに対し、突如10日に「鈴鹿の今までしてきた事を公表していきます。サッカーに不正はあってはいけない。カズ選手をここに入れてはいけない」(原文ママ、以下同)とツイッターで狼煙を上げたのが、元役員の塩見氏だ。

翌11日から鈴鹿の西岡保之会長(46)、吉田雅一社長(40)に関する不正の数々を告発するツイートを開始。持続化給付金詐欺、スタジアム計画を巡る不正などの中でもとりわけ衝撃的なのが、西岡会長が発したとする〝片八百長〟指令だ。昨年11月29日の昨季最終第15節で、ソニー仙台相手に「負け試合をすることを選手に伝えろ」と、試合の約1週間前に命じられたという。「メンバーを落とすのではなく、負け試合をする為の具体的な失点方法も指示」され、吉田社長が了承したとしている。

ミラ監督は再三の説得を受け「しぶしぶ返事、泣きながら了承」。ところが試合前日にバスで仙台に入り、塩見氏が通訳を介して八百長の流れを確認すると、「ベンチに入らない」と態度を硬化させたという。選手も不正への関与を拒み、5人がチームを離れるなど混乱。最終的に不正はしないと「皆でサインして」から、試合に臨んだというが0―1で敗れた。

そもそも、わざと負ける目的はどこにあったのか。関係者は「当時から八百長の噂はあった。同じ三重県内のライバルクラブ、ヴィアティン三重への嫌がらせ目的ともっぱらだった」と明かす。昨季最終節を前にして、当時J3ライセンスを持っていない鈴鹿は順位に関係なくJ3に昇格する資格がなかったが、同ライセンスを取得済みで6位の三重はまだその可能性を残していた。鈴鹿が最終節で3位のソニー仙台に負ければ、三重が仙台を勝ち点で逆転できなくなり、昇格圏の4位以内に食い込むチャンスが狭まる状況だったのだ。実際には三重は最終節で敗れ、鈴鹿の勝敗に関わらず昇格を逃している。

zakスペシャル

ランキング

  1. 韓国の半導体“衰退危機” 素材・部品など日本頼みが致命的 経済成長率も日本下回る予測 生き残るには米中間「二股外交」か

  2. 息切れ、強い倦怠感、ブレイクフォグ「ワクチン後遺症」に苦しむ人たち

  3. 〝二刀流〟に挑む日テレ・桝アナ、40歳で大学研究員に転身の思い 「よりよい科学の伝え方についてもっと深く考えて…」 後輩・水卜アナもエール

  4. SNSを一斉削除、酒井法子に不穏な空気 「新事務所の立ち上げによる出直し」との報道も

  5. レコード人気じわり復活 生産10倍、デジタルと共存 「聴くための〝手間〟に魅力を感じる人が増えたのではないか」

  6. 日米、沖縄南方で異例の大規模共同訓練の狙いとは 中国や北朝鮮の軍事的覇権拡大の姿勢に警戒か 識者「演習が有事のテストになる」

  7. 池袋ホテル82歳男性刺殺事件 容疑者の女「路上で声掛けてホテルに行った」 「パパ活していた」との供述も

  8. 「重点措置」適用拡大、2年前から代わり映えしない対策…「日本は『ウィズコロナ』『ポストコロナ』のビジョンが希薄すぎる」 村中璃子氏が苦言

  9. 13場所ぶり3度目Vの御嶽海、母・マルガリータさんはツイッターでトレンド入り! 歓喜の場面が映し出されて…解説の北の富士勝昭氏「お母さんのファンです」

  10. 霜降り明星・せいやの物議を呼ぶ破局発言 3時のヒロイン福田との交際報道に事務所〝過剰反応〟でさらに波紋か