トヨタEVで大逆襲! 欧米、中韓メーカー撃破へ4兆円投資 豊田社長「選択肢に優先順位を決めるのではなく、全て一生懸命やる」1/2ページ

ズラリと並んだEVを背に戦略を説明する豊田社長=14日
ズラリと並んだEVを背に戦略を説明する豊田社長=14日

トヨタ自動車が電気自動車(EV)で本気を見せた。2030年の世界販売目標を350万台へ大幅に引き上げ、同年までに4兆円規模を投資、EVを従来計画の2倍の30車種に拡大する。欧米や中韓メーカーを一気に抜き去る狙いだ。

これまでEVに慎重との見方もあったトヨタだが、豊田章男社長は「これでも前向きじゃない会社と言われるなら、どうすれば前向きな会社と評価いただけるのか」と強調した。

EVでは米テスラが昨年の年間販売台数が約50万台を記録するなど成長を続けている。ドイツのフォルクスワーゲンは30年に世界販売の5割をEVにする計画で、現状の販売台数で計算すると約500万台となる。中国や韓国メーカーもEVに注力している。

EVには電池生産や充電のために莫大(ばくだい)な電力量が必要となることに加え、部品点数が減ることから国内産業の雇用が失われるなど多くの問題があり、トヨタは現状ではハイブリッド車(HV)が最適解としてきた。

zakスペシャル

ランキング

  1. 「南海トラフ」の前兆か 未明の大分、宮崎を襲った震度5強 列島周辺で頻発する強い揺れ「すでに始まっているといってよい」識者

  2. 小池栄子にじみでる女優の矜持、大河「鎌倉殿」で〝裏主演〟 ガッキーとのアップ合戦でも凛とした美しさ放つ

  3. 渋野日向子、米ゴルフツアー出場は3戦目「ドライブオン選手権」か?

  4. 【日本の解き方】国会で見送られる重要法案 参院選まで「紛糾しそうなものを回避」慎重すぎる姿勢

  5. 迷走するオミクロン対応 「若者の検査・診断スルー」で混乱に拍車 「国と尾身先生、分科会で整合性取って」小池都知事も不快感

  6. 【大前研一のニュース時評】切れ味の鈍さ感じる「22年世界の10大リスク」 4位は中国内政「恐怖のネット企業統制」…最大のリスクは?

  7. 文大統領の「竹島」ギフト、日本受け取り拒否 韓国政府に強く抗議 旧正月の慣例として相星孝一大使宛てに送付

  8. 【艶グラドル】志田音々、盛りだくさんトレカぜひ集めてネ! セクシーポイントは「鎖骨にあるホクロ」

  9. 盛られた苦労話…宮迫博之〝黒幕〟発覚でネット民ドン引き 焼き肉店の開店めぐり「ネタ」とは受けとめず「嘘」とみる反応も

  10. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」