アメリカにやって来た監督らの作品を上映「ストレンジャーズ・イン・ハリウッドⅠ」 18日から東京・シネマヴェーラ渋谷でスタート1/2ページ

東京・シネマヴェーラ渋谷ではちょっと変わった趣向の特集上映が18日からスタートする。題して「ストレンジャーズ・イン・ハリウッドⅠ」(来年1月21日まで)。

アメリカは人種のるつぼとよく形容される。さまざまな国から人々が流れ込んで今のアメリカができたからだ。それは映画の都ハリウッドも同じこと。ヨーロッパからの亡命者だけでなく、才能ある監督たちが一旗揚げようとハリウッドを目指したからだ。

今回はオーストリアとドイツから来て活躍した3人の監督を特集する。

フレッド・ジンネマン(1907~97年)はオーストリア生まれ。29年にハリウッドに来ると、助監を経て、42年に監督デビュー。たびたびスタジオと衝突したため厄介者扱いされたが、反ナチ映画『第七の十字架』で名をあげ、社会派ドラマ『山河遥かなり』で不動の地位を確立。『真昼の決闘』やアカデミー賞を独占した『地上より永遠に』が代表作。ハリウッドの良心とよばれ、晩年はイギリスで活躍した。

zakスペシャル

ランキング

  1. 米、ウクライナめぐるロシアの「NATO不拡大」要求拒否 ブリンケン国務長官「ドアは開かれているという原則維持」 米海軍は手薄の露極東部隊を牽制

  2. 【これだけは押さえておきたい鎌倉殿の13人】源義経(菅田将暉) 静御前との青春悲恋ストーリーに注目

  3. 「笑点」存続のピンチ!三遊亭円楽が脳梗塞で緊急入院 命に別条なしも仕事の復帰は未定 春風亭昇太、林家たい平はコロナ感染

  4. 「億り人」ピンチ!?ビットコイン半値に下落 金融引き締め、規制強化で売り強まる

  5. 大関昇進会見に異例同席、御嶽海の母マルガリータさん 注目度の高さは息子以上!? NHKアナも質問、ファン期待に応える好判断

  6. 【これだけは押さえておきたい鎌倉殿の13人】平清盛と後白河法皇(松平健と西田敏行) 名優2人の“腹黒”演技から目が離せない

  7. AV女優・川上奈々美が激白、俳優転身は「生きがい」 2月の浅草ロック座でストリッパー引退表明 『全裸監督』出演で高い評価「映画が私を救ってくれた」

  8. 菅直人氏「ヒトラー」投稿の撤回求め 維新、立民に抗議文 「全く事実に基づかない妄言」

  9. 神田沙也加さん 未発表音源で夢見ていた聖子との関係修復の未来?

  10. 「何年同じことをやってるのよ」巨人・川相ファーム総監督が指摘するチームの問題点 うまく技術継承されない現状に警鐘