「政府指示で」ロシア治安機関関係者による射殺事件 ドイツで終身刑に「国家によるテロ」1/1ページ

ドイツの裁判所は15日、首都ベルリンの公園で2019年8月、ジョージア人男性を白昼射殺したとして、殺人罪に問われたロシア治安機関関係者の男(56)=ロシア国籍=に終身刑の判決を言い渡した。犠牲者はロシア軍と長年戦った経歴があり、裁判所は男が本国政府の指示で犯行に及んだと指摘し「国家によるテロ」と断じた。

ドイツのベーアボック外相は判決後「わが国の主権が侵害された」と述べ、ロシア外交官2人の追放方針を発表した。ロシア側は反発を強めており、両国関係が緊張する可能性がある。この問題に関し、ドイツは19年12月にもロシア外交官2人の追放を決めている。

ドイツ検察は男の身元について、ロシア情報機関、連邦保安局(FSB)の大佐だと指摘した。

男は観光客を装って偽名でドイツに入国。ベルリンの公園を歩いていたジョージア人男性の背後から自転車で近づき、消音器付きの拳銃で頭を撃って殺害した。その後、近くの川に銃を捨てたが、通報で駆け付けた警察官に逮捕された。

男性は難民申請者としてベルリンに滞在していた。報道によると、過去にロシア南部チェチェン共和国で、独立派武装勢力の一員としてロシア軍と戦ったという。 (共同)

zakスペシャル

ランキング

  1. 渋野日向子、米ゴルフツアー出場は3戦目「ドライブオン選手権」か?

  2. 「南海トラフ」の前兆か 未明の大分、宮崎を襲った震度5強 列島周辺で頻発する強い揺れ「すでに始まっているといってよい」識者

  3. 小池栄子にじみでる女優の矜持、大河「鎌倉殿」で〝裏主演〟 ガッキーとのアップ合戦でも凛とした美しさ放つ

  4. 【大前研一のニュース時評】切れ味の鈍さ感じる「22年世界の10大リスク」 4位は中国内政「恐怖のネット企業統制」…最大のリスクは?

  5. 迷走するオミクロン対応 「若者の検査・診断スルー」で混乱に拍車 「国と尾身先生、分科会で整合性取って」小池都知事も不快感

  6. 【日本の解き方】国会で見送られる重要法案 参院選まで「紛糾しそうなものを回避」慎重すぎる姿勢

  7. 文大統領の「竹島」ギフト、日本受け取り拒否 韓国政府に強く抗議 旧正月の慣例として相星孝一大使宛てに送付

  8. 【艶グラドル】志田音々、盛りだくさんトレカぜひ集めてネ! セクシーポイントは「鎖骨にあるホクロ」

  9. 経済版「2プラス2」新設へ 日米オンライン首脳会談、バイデン政権の狙いは中間選挙見据え「支持率UP」と中国に非常に甘い「日本牽制」

  10. 【アイドルSEXY列伝】国分佐智子、落語界イチの美人妻は「別格の華」 林家三平は妻と子のためにも奮闘を