どっちもどっち「中韓キムチ論争」 両国の工場動画流出…どちらも衛生面は最悪 日本の観念とまったく適合しない“目クソ・鼻クソ”の話1/3ページ

「中韓キムチ論争」はどっちもどっち
「中韓キムチ論争」はどっちもどっち
その他の写真を見る (1/3枚)

「キムチ収支」という用語が最近、韓国のマスコミに頻繁に登場する。韓国は中国からキムチを輸入し、日本や米国にキムチを輸出している。その差額が「キムチ収支」で、12年ぶりに黒字になるというのだ。

黒字化の主因は、中国のキムチづくりの〝不潔さ〟が知れわたり、輸入にブレーキがかかったこと。その一方、輸出は好調で…と、韓国紙ははしゃいでいる。

しかし、韓国産キムチの輸入国としては、韓国のキムチづくりもまた〝不潔さ〟が十分あることを知っておかなくてはならない。

いまから16年前、韓国と中国は「中国産キムチから回虫卵検出」「韓国産キムチにも回虫卵」と激しくやりあった。傍目には〝目クソ・鼻クソ〟の話だが、両国は「暴き合わない」ことで手を打ったようだ。

この時、韓国国内を沈静化させた説得は「卵といっても未成熟卵だから、すぐに排出され、健康上の問題はほとんどない」というものだった。ここら辺、日本人の衛生観念とはまったく適合しない話だ。

zakスペシャル

ランキング

  1. 「南海トラフ」の前兆か 未明の大分、宮崎を襲った震度5強 列島周辺で頻発する強い揺れ「すでに始まっているといってよい」識者

  2. 渋野日向子、米ゴルフツアー出場は3戦目「ドライブオン選手権」か?

  3. 小池栄子にじみでる女優の矜持、大河「鎌倉殿」で〝裏主演〟 ガッキーとのアップ合戦でも凛とした美しさ放つ

  4. 【日本の解き方】国会で見送られる重要法案 参院選まで「紛糾しそうなものを回避」慎重すぎる姿勢

  5. 【大前研一のニュース時評】切れ味の鈍さ感じる「22年世界の10大リスク」 4位は中国内政「恐怖のネット企業統制」…最大のリスクは?

  6. 迷走するオミクロン対応 「若者の検査・診断スルー」で混乱に拍車 「国と尾身先生、分科会で整合性取って」小池都知事も不快感

  7. 文大統領の「竹島」ギフト、日本受け取り拒否 韓国政府に強く抗議 旧正月の慣例として相星孝一大使宛てに送付

  8. 【艶グラドル】志田音々、盛りだくさんトレカぜひ集めてネ! セクシーポイントは「鎖骨にあるホクロ」

  9. 経済版「2プラス2」新設へ 日米オンライン首脳会談、バイデン政権の狙いは中間選挙見据え「支持率UP」と中国に非常に甘い「日本牽制」

  10. 盛られた苦労話…宮迫博之〝黒幕〟発覚でネット民ドン引き 焼き肉店の開店めぐり「ネタ」とは受けとめず「嘘」とみる反応も