「副反応は?」「オミクロン株への効果は?」専門医に聞く3回目接種の気になるギモン モデルナで若干効果高く…米国立研究機関博士研究員・峰氏1/2ページ

ファイザー(左)とモデルナのワクチン(ロイター)
ファイザー(左)とモデルナのワクチン(ロイター)
その他の写真を見る (1/2枚)

高齢者らを対象とした新型コロナウイルスワクチンの3回目接種は年明けから順次本格化する。今回はファイザー製とモデルナ製のどちらを打てばいいのか。副反応は2回目までと違うのか。新変異ウイルス「オミクロン」に対応できるのかなど、数々の疑問を米国立研究機関博士研究員で医師の峰宗太郎氏にぶつけてみた。

「腕の痛みが2日間、倦怠(けんたい)感が1日程度続き、発熱はない。副反応は2回目とほぼ同様だった」と、米国で3回目接種を受けた峰氏はこう振り返った。

「重症化を予防するという意味では2回目までの接種でしばらくは十分だ。一方、感染・発症予防効果は約8カ月経過すると最小50%程度まで低減するが、3回目の接種で90%台に戻り、海外でも効果は見え始めている」とメリットを語る。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【スクープ最前線】ロシア・中国の武力侵攻〝Xデー〟は!? アメリカの在ウクライナ大使館員を国外退避へ 万が一屈服なら「史上最低の米大統領」に

  2. 韓国の半導体“衰退危機” 素材・部品など日本頼みが致命的 経済成長率も日本下回る予測 生き残るには米中間「二股外交」か

  3. MCクラスに〝最大警報〟芸能界はリモートに逆戻りか オードリー春日に続いて若林もコロナ感染 麒麟・川島明には「各局を挙げて防ごうと…」

  4. 【これだけは押さえておきたい鎌倉殿の13人】北条政子(小池栄子) イメージとは異なる新たなキャラに期待

  5. 【日本の危機】コロナ危機経て岸田首相「司令塔機能の強化」へ あらゆる緊急事態・複合災害に対応するため、米国FEMAのような組織作るべき

  6. 症状が似ているオミクロン株感染と花粉症 注意すべきは「相互作用」

  7. 【元文春エース記者 竜太郎が見た!】前澤氏にゾッコンの新恋人・梅村妃奈子「月告白」まで待てるか 「ドラムと保護活動」でつながる

  8. 【トップ直撃】モスバーガー50年 進化するおいしさ求め、守り続けるDNA モスフードサービス・中村栄輔社長

  9. 霜降り明星・せいやの物議を呼ぶ破局発言 3時のヒロイン福田との交際報道に事務所〝過剰反応〟でさらに波紋か

  10. レコード人気じわり復活 生産10倍、デジタルと共存 「聴くための〝手間〟に魅力を感じる人が増えたのではないか」