今からできる年金+10万円生活

資格で独立、瞬発力と行動力が大事 事務系サラリーマンには中小企業診断士資格がおすすめ2/2ページ

もちろん、チャンスだと飛び乗ったが失敗することもある。「でも、相撲と同じ。全勝を狙わず勝ち越せばいい」と水谷さんは笑う。

取得した資格の中で、とくに役立ったものは中小企業診断士。事務系のサラリーマンにもおすすめだという。

「税理士、社労士は人気資格ですが、今後AIなどに置き換えられていきそうな部分が多くあります。実際、税理士や社労士でもコンサルティングに事業領域を広げていかないとまずいと考え、中小企業診断士の資格を取る人が増えています」

資格を次々に取得するコツを聞いてみたが、「そんなものがあれば私が聞きたい」と笑う。水谷さんの場合、朝早く起きるのが得意だったので早朝5時に起きて1時間の勉強時間を確保していたそうだ。また、休日はモチベーションアップのために勉強会にも参加していたという。その勉強会では参加者が持ち回りで講師を務めるルールだったので、勉強せざるを得なかった。自分自身で勉強する環境をつくったのだ。

「終わった後の飲み会が楽しみで、それで通っていた面もありますけど」

水谷さんは原稿を書く仕事や各地の商工会議所などでのセミナーの仕事もしている。その際に面倒なのがマイナンバーの提出だった。そこで2017年に法人化した。大手企業相手だと「法人でないと契約できない」と言われることもある。定年後に小さな法人を持つことも考えたい。

水谷さんは定年後に独立を考えるサラリーマンにこうエールを送ってくれた。

「自分で事業を興すのはワクワクドキドキするものです。ぜひ楽しんでいただきたいですね」

zakスペシャル

ランキング

  1. 西側諸国「6月反攻」に秘密兵器 ゼレンスキー大統領、東部苦戦に「装備の差」主張 これまでで最も殺傷力が高い榴弾砲供与か 「8月までは一進一退」識者

  2. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  3. 【日本の核戦略】核シェアリングの方法(上) 中国の核恫喝が現実に…日本の政治家はもはや逃げ回れない 「核を持ち込めば、敵の核に狙われる」は無知な議論

  4. 【小池百合子 強く、そしてしなやかに】若者に浸透した安全保障のリアル 「ウクライナ侵攻」で脅かされる食料、エネルギー…自然災害にも目

  5. ビニ本販売で「まんだらけ」摘発 「芸術としてのエロスと捉えていた」社長ら5人書類送検、1440万円売り上げ 昨年には風営法違反も

  6. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  7. 阪神、佐々木朗希に“エース回避作戦”大成功 負ければ自力V消滅の可能性もミラクル起こす セ・パ交流戦

  8. 【ニュースの核心】米が構築「新しい戦争のかたち」 武器弾薬を提供し実際に戦うのは現地軍 台湾防衛「あいまい戦略」修正も中国抑止へ「憲法改正」は不可欠

  9. 【艶グラドル】古川杏は〝だんじり娘〟 セクシーポイントは「左頰の秘密のホクロ」

  10. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず