編集局から

ノムさんをしのぶ会で日本ハム・新庄監督に急接近! 独特な香りと不思議な感覚1/1ページ

話題の人物にようやく会えました。来季からプロ野球・日本ハムを率いる新庄剛志監督(49)。11日に神宮球場で行われた野村克也さんをしのぶ会で、推定20センチまで接近に成功しました。

〝BIGBOSS〟は高級ブランド「ヴェルサーチ」のジャケットと黒のインナーを身につけて参列。生前に野村さんが着ていたものを遺族から譲り受けたといい、「サイズを直すのに5、6万円もかかって大変やった」。供花も祭壇に置かずに「野村さんとキャッチボールする思い」で投げ込むなど、故人との思い出をしんみり語る稲葉GMら教え子たちの中で、どこまでも明るく立ち振る舞う姿が異彩を放っていました。

阪神時代を知る先輩記者によく聞く逸話が「新庄の香水の匂いはホンマすごかったで」。囲み取材中にICレコーダーを回しながら今はどうなのか確認すると、確かにプーンと独特の香りが…。9月に眉毛に施したというアートメークも、はっきりと目視できました。

それでも嫌みを感じさせることなく、気がつけば全て監督のペースで会話が進んでいたのは、なんとも不思議な感覚。今後の取材現場で再会するのが楽しみになりました。(運動部・山戸英州)

zakスペシャル

ランキング

  1. 韓国の半導体“衰退危機” 素材・部品など日本頼みが致命的 経済成長率も日本下回る予測 生き残るには米中間「二股外交」か

  2. 息切れ、強い倦怠感、ブレイクフォグ「ワクチン後遺症」に苦しむ人たち

  3. 〝二刀流〟に挑む日テレ・桝アナ、40歳で大学研究員に転身の思い 「よりよい科学の伝え方についてもっと深く考えて…」 後輩・水卜アナもエール

  4. SNSを一斉削除、酒井法子に不穏な空気 「新事務所の立ち上げによる出直し」との報道も

  5. レコード人気じわり復活 生産10倍、デジタルと共存 「聴くための〝手間〟に魅力を感じる人が増えたのではないか」

  6. 日米、沖縄南方で異例の大規模共同訓練の狙いとは 中国や北朝鮮の軍事的覇権拡大の姿勢に警戒か 識者「演習が有事のテストになる」

  7. 池袋ホテル82歳男性刺殺事件 容疑者の女「路上で声掛けてホテルに行った」 「パパ活していた」との供述も

  8. 「重点措置」適用拡大、2年前から代わり映えしない対策…「日本は『ウィズコロナ』『ポストコロナ』のビジョンが希薄すぎる」 村中璃子氏が苦言

  9. 13場所ぶり3度目Vの御嶽海、母・マルガリータさんはツイッターでトレンド入り! 歓喜の場面が映し出されて…解説の北の富士勝昭氏「お母さんのファンです」

  10. 霜降り明星・せいやの物議を呼ぶ破局発言 3時のヒロイン福田との交際報道に事務所〝過剰反応〟でさらに波紋か