警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識

豪雨が引き起こした火砕流 インドネシア・ジャワ島スメル火山の噴火 日本でも人ごとではない1/3ページ

スメル山噴火の背景に意外な理由があるかもしれない(インドネシア国家災害対策庁提供・共同)
スメル山噴火の背景に意外な理由があるかもしれない(インドネシア国家災害対策庁提供・共同)

インドネシア・ジャワ島の最高峰スメル火山(標高3676メートル)の噴火がここ2週間続いている。死者行方不明者はすでに50人以上に上っている。

一部の報道では「溶岩流」にのみこまれたとあるが、間違いなく「火砕流」だ。溶岩ではない。

溶岩流なら逃げられる。げんにスペイン領のカナリア諸島・ラパルマ島のクンブレビエハ火山は9月から噴火が続いて家屋や農園の被害は拡大しているが、溶岩流は大量に出ていても死傷者は出ていない。他方、火砕流は襲われたらとても逃げられない。

火砕流は火山ガスや火山灰や水蒸気が混合したもので、高温のうえ軽くて遠くまで届く。海も越えてしまう。温度は軽く200度を超え、速度は遅くても自動車なみ、速ければジェット機なみだ。

20世紀で世界最大の火山被害も火砕流だった。1902年に起きたカリブ海・仏領マルティニーク島にあるプレー山(標高約1400メートル)が火砕流を起こした。

県庁所在地だった人口約3万人のサン・ピエールを瞬時に全滅させてしまった。助かったのは地下牢に収容されていた囚人ら3人だけだった。

zakスペシャル

ランキング

  1. 安倍氏・高市氏ら猛反発!佐渡金山の世界遺産推薦見送り 「日本には後ろめたいことがある」世界に間違った印象も 「岸田政権は韓国の術中にハマった」識者

  2. 盛られた苦労話…宮迫博之〝黒幕〟発覚でネット民ドン引き 焼き肉店の開店めぐり「ネタ」とは受けとめず「嘘」とみる反応も

  3. 【山崎武司のメッタ斬り 生涯ジャイアン】日本ハム・清宮の10キロ減量は大正解 22キロ減で本塁打王の経験者が断言「ケガは減り身体のキレは増す」

  4. 【警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識】深発地震後のプレート上のつながり 700キロメートル地下で起きた〝世界一深い大地震〟が浅い地震を引き起こした?

  5. 【ニュースの核心】危うい対中融和、岸田政権〝楕円の理論〟 首相と外相が一字一句違わず「共存」目指すような発言、消し去られた日米共同声明

  6. コロナ重点措置でマラソン大会中止ラッシュ 川内優輝選手が語る「政府への疑問」

  7. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  8. 【トップ近況】小型車が次世代の主流に 「2025年はEV時代への分水嶺」 日本電産・永守重信会長

  9. 【寅年女いい女2022】王林 郷土溢れる津軽なまりの〝非〟天然キャラ スタイルは一流モデル並み

  10. 若手国内組はシラケムード? 変わらぬ「海外&ベテラン」の偏重、森保ジャパン国内合宿3日目