警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識

豪雨が引き起こした火砕流 インドネシア・ジャワ島スメル火山の噴火 日本でも人ごとではない2/3ページ

インドネシアでも、村は荒れ果て、木々がマッチ棒のように倒れた。スメル火山から10キロメートル以内には8000人以上が暮らしていた。

インドネシアには火山が多く、火山の麓(ふもと)は土壌が肥沃(ひよく)で水はけがよく耕作に適しているので1000万人近くが住んでいる。どこかの火山が噴火すれば、多くの犠牲者が出るのは避けられない。

火砕流は日本の火山からも出る。91年に雲仙普賢岳(うんぜんふげんだけ)で出て、当時戦後最大だった43人の犠牲者を生んだ。これは頂上付近にあった溶岩ドームが崩れたことで火砕流を出したものだ。

九州・阿蘇からの火砕流は瀬戸内海を越えて中国地方を襲ったことがある。2017年に広島高裁が四国の伊方原発の運転を禁じる仮処分を出したのも、阿蘇噴火からの火砕流が海を越える影響を重視したためだ。

ところでスメル火山の今回の火砕流はその前に何日も降り続いた大雨のせいではないか、という学説が出ている。大雨で山頂にあった溶岩ドームが崩れて火砕流を出したという説だ。

たしかに溶岩ドームの大きさを比べると、大雨で体積が大きく減っている。

zakスペシャル

ランキング

  1. 西側諸国「6月反攻」に秘密兵器 ゼレンスキー大統領、東部苦戦に「装備の差」主張 これまでで最も殺傷力が高い榴弾砲供与か 「8月までは一進一退」識者

  2. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  3. 【日本の核戦略】核シェアリングの方法(上) 中国の核恫喝が現実に…日本の政治家はもはや逃げ回れない 「核を持ち込めば、敵の核に狙われる」は無知な議論

  4. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  5. 【小池百合子 強く、そしてしなやかに】若者に浸透した安全保障のリアル 「ウクライナ侵攻」で脅かされる食料、エネルギー…自然災害にも目

  6. ビニ本販売で「まんだらけ」摘発 「芸術としてのエロスと捉えていた」社長ら5人書類送検、1440万円売り上げ 昨年には風営法違反も

  7. 【玉ちゃんの酔滸伝】杜の都・仙台で〝スナックセンサー〟発動! 店名からスナックかクラブかを選別、入店テクニックも披露

  8. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  9. 阪神、佐々木朗希に“エース回避作戦”大成功 負ければ自力V消滅の可能性もミラクル起こす セ・パ交流戦

  10. 【艶グラドル】古川杏は〝だんじり娘〟 セクシーポイントは「左頰の秘密のホクロ」